日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

こんばんは、セカコンです。
朝起きれば高校野球が始まっている。そんな季節になりました。

昨日から始まった夏の甲子園。
熱い戦いが日々行われています。

今年は広陵、天理、智弁、早実、東海大相模など、
伝統校などの出場もあるのでけっこう楽しみです。

応援しているのは地元の東海大相模ですね。
33年ぶりの甲子園出場ですから、一つでも多く勝ちを積んで欲しいです。


さて、今日は問題を出します。


140kgの塩と9kgと2kgのおもりがあります。
天秤を3回使って、140kgの塩を90kgと50kgに分けなさい。


こんな問題です。
NHKの教育テレビ番組「テストの花道」で紹介されていたものです。

この問題は頭の柔らかい小学生でもできます。
・・・私はできませんでした。

ちなみに、この問題は5パターンの入れ方があるそうです。
追記にて、その回答例の1パターンを紹介しておきます。


それでは、続きからどうぞ。


☆Answer☆


まず、140kgの塩を天秤で70kgと70kgの2等分に分けます。
(ここで1回目の天秤使用)

片方の70kgを天秤で35kgと35kgの2等分に分けます。
(ここで2回目の天秤使用)


さて、ここからです。


今、塩は70kg、35kg、35kgの3つがあります。
この3つの塩の塊から上手く90kgと50kgの2つを作り出していきます。

塩70kgを90kgにするためには20kgの塩を足さなければいけません。
また50kgにするためには20kgの塩を引かなければいけません。

塩35kgを50kgにするためには15kgの塩を足さなければいけません。


ここで初めて7kgと2kgのおもりが登場します。


35kgの塩が2つあるんで、そのうちの1つを使っていきます。
35kgの塩と7kgと2kgのおもりを足すと44kgになります。

ここで最後の3回目の天秤の登場です。
2kgのおもり、7kgのおもりは別々の皿に乗せておきます。

そして、等しい重さ=44/2=22kgにするには、
2kgのおもりの方に20kgの塩、7kgのおもりの方に15kgの塩が必要です。

これで、15kgと20kgの塩のパーツのできあがり。
70kgの塩に20kgの塩を、35kgの塩には15kgの塩を加えれば終わり。


見事に3回で90kgと50kgの2つに分けることが出来ました。


・・・いかがでしたか?
ちなみに他の4パターンは分からなくて申し訳ないです。

でも、考えて解いてみると面白いと思います。


それでは、失礼します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/825-a974b460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック