FC2ブログ
開設10周年!(2018/10/4)日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2020/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/10

こんばんは、セカコンです。
数学Ⅱ・・・なんか、めちゃくちゃ簡単だったんですけどw

明日が最終日・・・ライティングと保健、気を抜かずにがんばろ~☆


さて、復活をしようと思い・・・はいはい、過去のSSを見ていましたと。
そしたら、なんだか・・・こう思ったんですよ。

このキャラ、なんだか私のSSでレギュラー化してないか?


千桜さん。


春風千桜、彼女こそが私のSSの中で何かの柱的存在になってきてます。
なんでだろうか・・・。

千桜誕生日SS『Festival~Birthday Love~』
千桜誕生日SS『Season~Cherry Love~』

この2本についての主人公・・・メインヒロインの座が決定。
この2本、実は繋がっている話になると思います。


原作では、コミック1~2冊分ぐらいの話ししか出ていない彼女がなぜ。
ナギやヒナギクという王道的キャラも存在しているというのに。

・・・その謎は、創作性に余地があることが一つの答えかもしれません。

今週、ヒナギクがアテネと知り合いという事実が浮上しましたが、その前にもその『ヒナギク』というキャラの性格、対人関係などはほとんど確立されているわけです。


・・・だけど、春風千桜の場合はどうなんだ?

単に、生徒会の書記で・・・何かと咲夜のメイドになって?
・・・それ以外は、ライトノベルの好きな・・・案外、オタクだったりする女の子であり・・・そして、ナギと気が合う所もある女の子にしか過ぎない。

畑先生も仰っているとおり、『新たな千桜の顔が見せられるときがくる』。
そうです、だから・・・二次創作するのにも余地があって、「これもあるんじゃないか」「これ、おもしろい」と言えるようなキャラになるかもしれない。

・・・そして、原作的には将来的にナギと深い関わりを持つことに。

まあ、これほど余地があって・・・メインになるかもしれないキャラは見逃せない。


・・・というのが、一つ目の理由。


二つ目は、まあ・・・某黄色さんがやっている某千桜FCの影響かもしれませんね。
まあ、彼(?)がいなければ千桜をここまで気にかけなかったかもしれません。

彼(?)曰く、「あなたの書く千桜は大胆で見習いたい」とか。
たぶん、冷静かつ(書記モード)大胆(ハルモード)になれるキャラだと思うんですよ。
だから、あえてエッチな場面に・・・これから持っていきます。


誕生日SS・・・まあ、目標はありませんが・・・千桜色に染まれっ!
・・・これじゃ、泉誕生日と同じになっちまう・・・。

まあ、私は私なりに他人と比べることはありませんが・・・。

比べるとすれば、千桜を第一に好きな人が書くSSよりも・・・存分に高いSSを書き、千桜の恋愛の一つを2本のSSを通して伝えられればと。


千桜誕生日まで、あと51日。
でも、千桜誕生日SS公開まではあと50日。

彼女の役割は、原作でも・・・そして、様々な二次創作の中でどう注目されるか。
今後のハヤテで見逃せない一つの要素に、彼女の名は連ねそうです。


それでは、失礼します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/372-2210de3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック