日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

こんばんは、セカコンです。
はい、昨日はこのブログはイズミ色に染まりましたよ。・・・はい。

秘蔵SS・・・公開するかは不明な状況に。
まあ、公開されたらバンザ~イって喜んでくださいね。


う~ん、今はちょっと執筆疲れでお休み中・・・ですけど、またSS『ラブリー』の連載再開をしたいと思っています。
このSS『ラブリー』がまた長くなりそうなんですわw

30部ぐらいを予定しています。次回はvol.10~みきりさ(前編)~ですね。
泉編のスタートです。こちらも、けっこうラブコメになりそうですよ。


やはり、挿絵のあるSSは良いな~と思いました。
泉FCでもないのに、ここまでしてしまって良かったのだろうかと、逆に罪作りな念が生まれてきてしまったほどですw


SS『ラブリー』が終わったら、ヒナハムSS『ゆりばな』。
そして、女学校のSSシリーズ『花キミ』の再開でございます。

こころはタマゴをイメージしていただければ、シリーズ『花キミ』も面白く思えるはず。
・・・さっさと、昨日の2本の後書きをしてしまいましょうかw


それでは、後書きをどうぞ。


虎鉄と泉SS『電車でお江戸発見伝!』

電車の知識のない状態から、このSSがスタートしました。
泉SS『ココロにキミを想って。』より前に企画をし、そして書き上げた物です。

作中に出てきた鉄道は、JR埼京線、JR中央線、JR山手線、JR京浜東北線、あとは話しだけですがJR総武線やJR京葉線なども登場しました。
・・・なんか、JRばっかりだな。

そして、観光地は新宿紫苑(庭園)と秋葉原のアニメイト、そして上野公園です。
この3つだけでした・・・ちょっと後悔してます。


制作時間は約1週間。最初に戸惑い、コースにも戸惑い。
千桜が出てくるシーンまでは、苦労の連続でしたよ。

千桜が出てくるシーンでは、原作ネタを利用。
「結婚できる年齢だったら18禁も許される」という、千桜のセリフを利用しました。


この要素は千桜FC会長にも絶賛・・・されたと思います。
そして、虎鉄から泉への呼びかけが「お嬢」ではないところが、虎鉄らしくなく・・・なんか真面目になってしまった感が。

もう少し壊しても(?)良かったかな・・・と思いますよ。
次やるときは、もう少しキャラ性を壊してみようw


『ココロにキミを想って。』

ツンデレ泉で挑もうと思ったのは、前々から決めていましたよ。
でも、いざ書こうとなると・・・手が止まって。

SNSの方で、キリ番の記念にツンデレ泉を描いてもらい、
また魔女5人衆と同時に、かげろうさんに頼んでもらっていたので・・・裏切らないような、それに見合うようなSSを考えました。

ツンデレ・・・でも、純愛。それが今回のテーマでしたね。
ツンデレ泉は前作のこともあってか、自分勝手で自分で恋の失敗をしてしまう・・・というようなイメージをしまいがちでした。
その分、今回はツンデレ泉も女の子っぽく・・・おだやかな感じも多くしてみました。

何よりも泉からの一人称型にしたかったです。
ツンデレ泉でSSは進行する・・・。でも、本来の天然の泉ちゃんの雰囲気も出したい。
その答えが、泉ちゃん目線の一人称型でしたね。


ヒナギク・・・千桜はハヤテが好き。天然泉はそれを受け入れる。
ツンデレ泉はそれが許せない。

書いているウチに、天然泉ちゃんが大人っぽく思えて・・・そして、ヒナギクや西沢さん、千春たちに負けない、一人のハヤテを好きな女性に成長していったんです。

・・・最後は結婚のエンドでしたけどね。


実は、おとといまでにvol.2までしか執筆できていませんでした。
vol.3からは昨日執筆した物です。・・・はい、死にそうでしたw

でも、良い評価を頂いているので、これはこれで良かったです。


次回は、計画性を持ってSSを書いていきたい物ですね・・・。
私のSSは、クオリティが高いようですが本当にそうなんだろうか・・・?

まあ、他の方のSSよりは長いというのは保証できますねw


これからもSSを頑張っていこうと思うので、応援よろしくお願いします。


それでは、失礼します。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/22(月) 22:20 | | #[ 編集]
>>非公開の方

できれば、万々歳ですw
はい、マイペースに戻って頑張ります。

コメディ風ですか・・・。頑張ってくださいね。
2009/06/22(月) 23:00 | URL | セカコン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/351-3b84f040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック