FC2ブログ
日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2021/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2021/06

こんばんは、セカコンです。
はい、虎鉄と泉SSは順調に東京回ろうとしていますよ・・・!!

今回はそうですね・・・。
来月の初めに執筆半周年を迎えるわけで・・・。

今日は今までに公開したSSをじっくりと振り返ってみます。
全部で13本(連載終了のみ対象)について観ていきたいと思います。


まあ、最初の頃の作品の制作日記なんて・・・お蔵入りですからね。
というか、制作日記自体をあんまり更新していなかった気が。

・・・なので、SSの裏話やうだうだ話など、ここだけの制作秘話を公開します!
・・・半周年記念として。


それでは、1本目の伊澄&咲夜SS『サイキック・ストラテジー』~7本目の西沢さんSS『シークレット・ラブ』までの制作秘話をどうぞ!
☆伊澄&咲夜SS『サイキック・ストラテジー』☆

はい、私セカコンの初めてのキャラSSでございます。
まあ、1作目はヒナギクSS『Change Heart』からじゃないのかという人が多いようですが、実はこの作品が初作品です。
シリーズ『セカコン』(現在凍結中)の一つの話しとして制作スタートしたのですが、純粋に伊澄と咲夜の鬼退治の話しにしようと思い、今公開しているような話しに。
なので、一番最後にナギの2番目の執事「シュン」が登場しております。・・・はい、こいつは後のSSに出てきましたよ。
まあ、鬼退治と言うことなので、豆知識なども。恵方巻なども多くの人が知っており、そして豆を武器に戦うというまさに『節分』をテーマにした話しにしました。
初陣。1部のみですが、今なら完全に前後編にしたボリュームでした。


☆ヒナギクSS『Change Heart』☆

まあ、セカコンというハヤテSS執筆者が広く知れ渡るきっかけとなったSS。
本格的にキャラSSに専念しようと思い、三人称ではなく一人称に挑戦しようと思いました。そこで思ったのが『変換』でした。
三人称では上手く表現できない『ココロの入れ替わり』。それをヒナギク目線の一人称にして、ヒナギクの心理を上手く描写していこうという試みを。
ヒナギクの恋愛観も改めて考えさせられるような話しであり、最後はハッピーエンドなのですが、途中の西沢さんの発した言葉には泣けましたよ。

また、ハヤテSS執筆者のいえろーらいんさんと交流が始まったのがこのころだったような。
そしてハヤテSS情報サイトに登録したのもこのころだったような。

公開してから5ヶ月半経った今でもロングヒットを続けている作品です。
今のスタイルが着実についてきた作品でした。


☆ハヤテSS『時渡~Small Love~』☆

元ネタはいえろーらいんさん作「10年前の恋、再び」より。

このSSは17巻を読んでそして元ネタと組み合わせて生まれた話。
ハヤテが10年前に時渡りをして・・・そして、10年前の泉と出会って自分の心に隠れているいろいろなヤミをはらしていく物語。
一番苦労したのは、過去に行ってしまうきっかけと現実に戻るきっかけ。
まあ、最初の頃の私は一番ベタな方法で「階段から落ちる」「地震」の二つの要素を使ってタイムトラベル的な要素を出した作品でした。

うん・・・思ったままに書いたのがこの作品でした。


☆ナギSS『夢 ゆめ ユメ YUME』☆

メインヒロインナギのSSがどうしても書きたかったんですよね。
なので、一日で書けるようなSSにしちゃったんですよね。

そうですね、これは気軽に読める・・・そして、ナギの勝手な妄想の夢を短いオムニバス形式でやっていきました。
うん・・・制作時間2時間の駄作だったなw

メインヒロインがナギのSSは書きにくい。
でも、オールキャラのナギはすごく書きやすい。・・・なぜなんだろうw


☆SS『Love Ling』☆

セカコン流、本格派恋愛SSの第1作目です。
セカコン流・・・つまり、オリジナルキャラを取り入れてその作品の世界観を生み出していこうというストーリーです。

まず、花より男子よりネタを。
世界に誇る大企業の一つが、とある一人の人間に関わっている人たち全員を金の力で奪っていくこと。まさに、アテネの最初の行動をそのまま描きました。

そして、このSSに登場するオリジナルキャラは、元、アテネを知る人。
そして、ナギたちを助ける役目でもありハヤテへの気持ちを徐々にサポートをして、はっきりと向き合うことを教えた人間であります。
良いやつだったな・・・。うん、この手のオリキャラはみんなそうです。

また、戦いも無血をテーマに。その答えがオークション。
永遠の愛を手に入れられる指輪を求めて、三千院家と天王州家の争い。

第一に好きな人に対する思いの純情さ。それが身にしみる話。
そして、愛は金じゃなくて真心であることをアテネやナギたちを通じて・・・いろいろと取り入れた懇親の一作です。

オリキャラありの作品では、今までの中で一番完成度の高い作品になりました。
この手の作品はボリュームが計りしれなくなって・・・。

オリキャラを入れるとこんな風になるという、自分の新たなスタイルを見つけた作品でした。


☆泉SS『ツンデレになっちゃうもん!』☆

1/23(い・ず・み)デーの作品。

泉の新境地を切り開く・・・柔らかく言えば、泉の新たな表情を見たかった作品。

もう、斬新に泉×ツンデレでやってみたところ、「ツンデレ」ではなくて「自己中」な独裁者っぽいような泉ちゃんになってしまったというか。
とにかく、不機嫌な表情の泉を書いてみたかっただけなのですよ。

ハヤテが好きであることが分かったので、これからどうするか?
ツンデレになるきっかけは、白皇学院の昔の女性の呪いが入った薬。・・・これが、またベタなんですよねw

さて、泉ちゃん誕生日SS『ココロにキミを想って。』のツンデレになるきっかけも見逃さないでくださいね。この話しの続編だと思ってください。


☆西沢さんSS『シークレット・ラブ』☆

2009年暖冬のバレンタインデー企画SS。

西沢さんSSでは、最初らへんに宗谷くんがけっこう登場するんですよ。もちろん、数少ない男性キャラとしてはまともに使わせてもらってますw
そして、弟の一樹も。・・・これも、案外良い役目だったかもしれないなw

このころの設定は、もちろんヒナギクの面識もない関係。
そして、バレンタインデーの日の原作にはない、純情なヒナギクのハヤテへの告白には西沢さんも私も歯を噛みしめるような内容に。

ヒナギクがもしこうだったら・・・という思い入れも少しはありましたね。

そして、初の『フラグから』というスタートでした。正確に言えば『フラグから』の時間軸から見た西沢さんの回想で『フラグまで』のストーリーだったんですね。
でも、最後には時間軸は元に戻ってお互いの愛を確かめる展開に・・・。

西沢さんというキャラを改めて考えましたよ。
やっぱり西沢さんには、恋愛という中の純愛が一番似合いそうです。



・・・さて、ここまでが前編の制作秘話。
後編はいつ公開できるんだろうね。今週中には公開できるかな?


それでは、失礼します。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/14(日) 22:51 | | #[ 編集]
がんばって。
>>非公開の方

そうですか、SSが進みそうで良かったです。寄贈は・・・。

ss.secacon@gmail.com の方に送っていただければ。その時はこのブログで紹介させてもらいます。

上記のメールアドレスは携帯からもOKですのでご安心ください。
それと、上記のメールアドレスの方への連絡の方が何かと便利だと思います。
返信とかはちゃんとするので、良かったらぜひ・・・ご活用くださいませ。

そうですか、将来の進路は決まったのですか。
私は理系人間で、アニメ関係の仕事(ディレクターor音楽関係)の方向に進みたい希望があるので・・・ね。

会える機会があれば、お会いしましょう!


コメント、ありがとうございました。
2009/06/14(日) 23:04 | URL | セカコン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/14(日) 23:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/334-c25c1f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック