FC2ブログ
開設10周年!(2018/10/4)日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2020/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/10

・2019年もついに大晦日。ただ、自分の住んでいる関東南部ではよく晴れていて、季節外れの暖かさである。コーヒーを買いに行ったとき、春先のような感じがした。こんなに暖かい大晦日は初めてだ。


・レコード大賞はFoorin『パプリカ』に決定。年齢と発表時間的にFoorinはあり得ないと予想する人もいたが。発表直前にメンバー1人に電話を繋ぎ、Foorinの受賞が決定すると、楽曲披露はVTRで流してワイプでパプリカダンスの模様を映していた。発売自体は2018年8月だけど、今年浸透したという意味では優秀作品賞の中ではこの曲だと思うし、受賞決定時に会場でみんな踊っていたので、一番丸く収まる形だったんじゃないかと思う。


・紅白は菅田将暉、LiSA、Official髭男dismの初出場組が楽しみ。あとは、初披露となる米津玄師作詞作曲の『カイト』も。一昨年、去年と良かったので今年もいい内容であると期待したい。


・年末恒例記事シリーズ。ラストは楽曲編です。今年も個人的には結構満足な内容になりました。近くのTSUTAYAでCDレンタルキャンペーンで雪崩れ込みでCDを借りまくったのもありますが。


・この記事で2019年内の更新は最後です。2019年もお世話になりました。2020年も宜しくお願いします。


それでは、続きからどうぞ。




2019年個人的音楽ランキング(楽曲編)


※対象は2019年に発売された楽曲(2018年末に発売された曲も含む)
 CD、配信で購入&レンタル。YouTubeなど、公式で公開されているものを聴いた曲も対象としています。

1位:優しいあの子 / スピッツ
 ベスト盤収録の新曲以来2年ぶり。世間の抱くイメージの優しく爽やかな雰囲気と、4人の確かなロックバンドの演奏が光る名曲。彼らの安定さと瑞々しさに安心もした。


2位:馬と鹿 / 米津玄師
 『Lemon』と同じ系統のメロディアスな曲。彼の曲は何度も聴いているうちにじわじわと来るものが多い。


3位:Wonder Caravan! / 水瀬いのり
 今年最初にかなり好きになった一曲。その後、スピッツや米津が名曲を出してきたが、この曲も飽きずに聴けた。彼女の曲で一番好きだ。


4位:兵、走る。 / B'z
 シングル無しのアルバムだったけど、実質的なリードトラックはこの曲じゃないだろうか。個人的にはシングル級。ラグビーワールドカップの影響もあり、男臭くも激しいロックなこの曲はとても気に入った。


5位:紅蓮華 / LiSA
 LiSAは今までそんなに聴かなかったけど、『鬼滅の刃』を見ていたので一気にハマった曲。激しいロックサウンドと力のあるボーカルが気持ちいい。


6位:ジャングルジム / BUMP OF CHICKEN
 アルバム曲。弾き語り曲なのもあって最初こそは地味な印象だったものの、何度も聴いているうちにハマってきた。


7位:空の青さを知る人よ / あいみょん
 サビ中心に気持ちのいい曲。ストリングスを使っているが、壮大で爽やかな雰囲気になっていていい。


8位:HINOTORI / B'z
 Live DVD / Blu-ray付属CD曲。『LOVE PHANTOM』の続編ということで、『LOVE PHANTOM』の雰囲気を受け継いでいる。この曲でもカッコイイので、『LOVE PHANTOM』を現在のB'zがリメイクしたらとんでもないことになるんじゃないか?


9位:見っけ / スピッツ
 アルバムタイトル曲。何かを見っけた興奮をそのまま曲にしたアップテンポソング。シングル級だと思う。


10位:君を待ってる / King & Prince
 ジャニーズグループ初期にありそうな応援ソング。元気も出るし懐かしさもあった。


11位:君のとなり わたしの場所 / 南條愛乃
 発売日などもあって、2019年で最初に気に入った曲。南條さんの声はこういった癒し系の曲にも合うと思う。


12位:Pretender / Official髭男dism
 イントロから名曲の雰囲気がある。さすがはストリーミング年間1位になるほどの曲だなと思う。


13位:えがお・シング・あ・ソング / ハロー、ハッピーワールド!
 CMで聴いたときからサビの「わっはのは~!」とか「あっはのは~!」という楽しげなフレーズが耳に残った。フルで聴いたら本当に楽しそうな曲。今年のバンドリ関連の曲では一番好き。


14位:Turning Up / 嵐
 デビュー20周年の記念すべき日にリリースされた曲。サビ中心にキャッチーなメロディーとサクラップという「これぞ嵐!」と言える楽曲。


15位:新世界 / BUMP OF CHICKEN
 「ベイビーアイラブユーだぜ」なんて歌詞をBUMPの曲で何度も聴けるとは。新鮮ではあるんだけど、どこかBUMPらしい曲。


16位:星が降るユメ / 藍井エイル
 サビのメロディがとても自分好み。彼女の曲としては『ラスピラズリ』以来のヒット。


17位:Can now, Can now / Study
 元気のいいポップソング。第1期の『セイシュンゼミナール』よりも好き。


18位:ゼロセンチメートル / 大原ゆい子
 第1期のOPよりもアップテンポなこの曲の方が好き。


19位:ヤマブキ / スピッツ
 アルバム中盤は地味な曲もあったけど、始まりと締めのこの曲がアップテンポだったため作品として好印象になった。それほどにいい曲に思えた。


20位:サクラタイマー / 南條愛乃
 シングルのカップリング曲だが、発売時期に合わせて卒業ソング。こういった系統の曲を聴くのは久しぶりだったので、かなり心に響いた。



□けっこう良かった曲□
・一里ぼっち、砂尾なこ、本庄アル、ソトカ・ラキター『ひとりぼっちのモノローグ』
・一里ぼっち『いっしょにかえろ』
・嵐『BRAVE』
・BUMP OF CHICKEN『月虹』
・わたてん☆5『気ままな天使たち』
・ゴールデンボンバー『令和』
・井口裕香『おなじ空の下で』
・Schrodinger's Cat adding コトリンゴ『アンノウンワールド』
・halca『センチメンタルクライシス』
・Study『セイシュンゼミナール / Never Give It Up!!』
・仙狐、シロ『今宵mofumofu!!』
・仙狐『もっふもふ DE よいのじゃよ』
・Mia REGINA『無謬の花』
・吾妻凛『小さな想い』
・紗倉ひびき&街雄鳴造『お願いマッスル』
・森山直太朗『さくら(二〇一九)』
・King & Prince『Naughty Girl』
・田中望、菊池茜、鷺宮しおり『青春のリバーブ』
・ライフリング4『Let’s go!ライフリング4!!!!』
・赤き誓い『スマイルスキル=スキスキル!』
・マイル『ゲンザイ↑バンザイ↑』
・ライフリング4『夕焼けフレンズ』
・冨田美憂『Present Moment』
・Study『セイシュンゼミナール』
・halca『放課後のリバティ』
・斉藤朱夏『パパパ』
・武笠美姫、高屋敷綾、大野翠『On the board』
・Poppin'Party『Dreamers Go!』
・渕上舞『Love Summer!』
・King & Prince『koi-wazurai』
・UNISON SQUARE GARDEN『Phantom Joke』
・Aqours『Hop? Stop? Nonstop!』
・BUMP OF CHICKEN『Aurora』


 2019年もいい曲を聴くことができて良かったと思います。来年2020年もいい曲にたくさん出会うことができればいいなと思います。


以上。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/1313-e4c2c426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック