FC2ブログ
開設10周年!(2018/10/4)日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2020/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/10

・『ガールズ&パンツァー』の最終章第2話が6/15に公開された。第1話からおよそ1年半ぶり。上映時間は前回と同じくらいで50分ちょっと。


・第1話では売切れになっていたパンフレット。今回は買うことができた)。しかし、この第2話では戦う相手校が2校あるからか、上下巻という形で販売される。しかも、公開スタートに2つ同時ではなく時間差である。個人的に、観る作品でこういったパンフレット販売の形を取るのは初めてだ。

最終章第2話パンフ_BC自由学園
(パンフ。BC自由学園編)


・また、第1話では公開初週の金曜日だったこともあってかもらえなかった特典を今回はもらうことができた。全4種類の色紙だけど、自分の好きなキャラのみほが描かれたものであるため、個人的には一番の当たり。

最終章第2話特典色紙
(特典色紙。みほ&マリー)


・また、第1話公開から1年半もあったからか(その後、Blu-rayやDVDの販売&レンタルはされている)、第2話が始まる前に第1話のざっくりとした振り返りもある。


それでは、続きから感想をどうぞ。



(以下、感想です。ざっくりとしています。ネタバレあります。)


・内部組と外部組は分裂している。BC自由学園の演技に見事に嵌まった大洗女子学園の反撃からスタート。


・反撃の作戦を考えていく大洗女子。その中で、チームとしては仲が良くなってきているのかもしれないけど、普段の学校では敵対意識があるんじゃないかという考えに。そんなBC自由学園の心情を推測し、相手の内乱を画策する。


・その作戦に見事に嵌まり、BC自由学園は内部組と外部組で戦い合ってしまい、いくつかの戦車が走行不能になってしまう。しかし、リーダーのマリーは落ち着いており、これは大洗女子の作戦だったことに気付く。


・最後はお互いに総力戦になるが、大洗女子が勝利し、2回戦に進出する。その後は少しの間、ほのぼのパートに。


・それぞれが試合後のひとときを過ごす。その中でみほは、愛里寿と一緒にボコミュージアムで遊ぶ。劇場版ではボロボロになっていたが、この時点で綺麗になっており、お客さんも少しは入っている。愛里寿は編入する高校をまだ決めていない。みほと戦いたいと言っていたし、もしかしたら、今後、高校生の亜里寿と戦う展開になるかもしれない。


・無限軌道杯のトーナメント1回戦は、TVシリーズや劇場版に登場した高校が軒並み突破し、大洗女子高校の2回戦の相手は知波単学園高校になる(劇場版冒頭で大洗と一緒に戦い、突撃しまくっていたチーム)。突撃しまくると馬鹿にするメンバーもいたけど、みほは油断せずに戦おうと言う。


・劇場版では突撃しまくっていた知波単学園高校だったが、この最終章第2話では成長してさまざまな種類の突撃作戦を繰り広げ、大洗女子高校相手に善戦していく。また、突撃作戦にはそれぞれ名前が付いており、「○○突撃」と言う。あと、BC自由学園だけでなく知波単学園高校も歌うシーンがあったけど、今後も、大洗女子と対戦する高校はみんな歌を歌うシーンが入るのか?


・第1話と同じように、戦いの途中で第2話は終了。第3話の公開時期が発表されることはなかった。今回と同じペースであれば、第3話の公開は1年半後の2020年の12月になってしまうが・・・・・・。もう少し早い公開を期待したい。


(2019.12.10 追記)
・第2話のBlu-ray&DVDが2020年2月27日が発売されることが決まった。第1話のときよりも、公開から長いスパンでの発売の予定になる。Blu-rayの発売前後で第3話の公開情報が解禁されることを期待したい。


以上。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/1298-93cac120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック