FC2ブログ
日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2021/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2021/06

・公開からおよそ1ヶ月。『名探偵コナン 紺青の拳』を劇場で観てきた。GWが明けた平日のお昼の回ということもあって、かなり空いている中で観賞した。

紺青の拳パンフレット
(パンフレット。怪盗キッドや京極さん大活躍!)


・コナンの中でも事件が起きたが、現実でも事件が発生。何と、途中でトイレに行こうとしたら定期入れがなくなっていたことに気付いたのだ! 映画の半券を劇場内で入れたのは確実なので、劇場内を探したり、スタッフの方に訊いたりしたが見つからず。この影響で中盤10分ほど観ることができなかった。


・ただ、コナン君達が事件を解決し、映画が終わった直後、座っていた席と隣の席の間に落ちていた定期入れを発見した。こうして、見事に現実の事件も解決したのであった。そんなこともあってか、映画観賞後恒例の頭痛があまり酷くない。


それでは、感想については続きからどうぞ(ネタバレあります)。

(以下、映画の感想です。軽くネタバレがあります)




・コナンパート冒頭とED後くらいしか日本での話はなく、ほぼ全編がシンガポール。それもあって、レギュラーキャラはコナン、蘭、小五郎、園子と今回のメインキャラクターである京極とキッドくらい。灰原と阿笠博士は、前々作『から紅の恋歌』でもコナンの調査協力や恒例シネマクイズくらいしか出番がなかったので、今回も同じくらいの出番だと思えた。少年探偵団はコナンが灰原に電話を掛けるシーンで出たのみで、目暮警部などの警視庁の面々、前作メインキャラクターの安室は一切出番なし(警察はシンガポール警察の関係者が登場する)。それもあってか、今回のコナンは例年と雰囲気と違うというのが率直な感想。ただし、元太や光彦、歩美、警視庁の面々は、本作公開直後のTVアニメエピソードの『フードコートの陰謀』でメインで登場している。


・また、怪盗キッドは作品冒頭に発生した事件の影響もあって、新一に変装するか、いつものキッド衣装のどちらかの姿で全編で登場する。ただし、冒頭では蘭に変装しており、その際にコナンと接触し、彼をシンガポールに連れて行く(X線を通さない寝心地抜群なスーツケースに入れるという方法で。キッドはコナンが持っていた新一のパスポートを利用する)。事件の推理などにもしっかりと貢献するので、今までの劇場版の中で最も出番があるといっていい。


・もう一人のメインキャラである京極も、事件解決には絡まないものの怪盗キッドと対戦したり、園子を守ったりするなど拳を使って大活躍する。園子とのLOVE要素も今作の見所であり、彼のトレードマーク(?)の左眉の絆創膏の謎が明らかとなる。また、ラストで包帯が解けて前髪を下ろした状態となった園子がとても可愛い。原作やアニメでももっとこんな姿になってくれ。


・事件の方も結構意外な推理が明かされ、『水平線上の陰謀』のような二重にしかけられた真相になっている。キッドが前回出ていた『業火の向日葵』では事件要素が物足りなかったので、今作はそれについても結構満足している。


・前々作『から紅の恋歌』から続く冒頭(or序盤)爆発は今回も健在。もちろん、この爆発も犯人にとって意味のある行為。終盤でも爆発があったり、海外が舞台だからか銃撃戦もあったり、何よりも京極や蘭の拳が存分に活躍するので、今回は特にアクションが凄い。あと、京極さんは人間なのか疑いたくなるくらいに凄い。途中でスーパーサイ○人のように、赤いオーラを全身から出していたし。


・また、終盤には何と、シンガポールに実在するホテルのマリーナベイ・サンズを爆破。これも海外が舞台だからこそできることなのだろうか。過去に『漆黒の追跡者』で、東京タワーが基である東都タワーで黒の組織がヘリコプターから派手に銃撃していたという例もあるけれど。


・海外が舞台であり、キッド&京極がメインキャラクターなので、もっとアクションがメインとなる作品だと思っていたけれど、思ったよりも推理要素があって満足。キッドファンはもちろんのこと、京極や園子ファンにもオススメの一作。個人的にも、キッドが出る作品の中では『世紀末の魔術師』に匹敵するくらいに好きな作品になった。


・映画が終わった後は、恒例の次回作の製作決定ムービー。姿は見せなかったものの、赤井秀一の声がハッキリと流れたので、次回作は赤井秀一がメインキャラクターの作品になりそうだ。『異次元の狙撃手』のようなアクション系か、『ゼロの執行人』のような大人向けの内容になるのか今から楽しみだ。


以上。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/1296-a59350fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック