FC2ブログ
開設10周年!(2018/10/4)日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2021/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2021/05

・2018年も大晦日となり、残り10時間を切った。今年の年末はまさかのクリスマスイブと大晦日に歯医者。こんな年末は二度と体験したくないものである。今日の歯医者を終えて、ようやく年末年始モードに浸ることができそうだ。


・2018年はブログ開設10周年の年だった。マイペースにやっているので何とかここまでやってこれたのかなと改めて思う。これからも細く長くやっていきたい。


・1月はかなり寒く、4月から9月くらいまで季節外れの暑さがずっと続いていたような気がする。地震や豪雨、台風もあったのでフルで平成最後となった2018年は自然災害のイメージが強い。今年の感じが『災』となるくらいだし。


・今年を振り返ると、特に変わったことといえば自宅から一番近くにあったTSUTAYAが潰れたことだろうか。ただ、利用する店舗を1つだけになり、TSUTAYAプレミアムに入会したことで、出費がいくらか減らすことができたので良かったのかな。ただ、シングル料金が廃止されたのでプラスマイナスゼロくらいかも。


・紅白。最も気になる歌手は米津玄師。他にもサザンオールスターズ、北島三郎、嵐、星野源、DA PUMP、いきものがかり、松任谷由実、aiko、DAOKOが気になっている。去年は白組が勝ったけど、今年はどうなるか。特に21世紀に入ってからは、勝敗よりも視聴率がどのくらいになったかの方が重要な雰囲気があるけれども。40%を越えるかどうか。


・今日で年末恒例記事も終わりです。ラストは楽曲編です。たくさん聴いたので20位まで作りました。


・2018年もお世話になりました。2019年も宜しくお願いします。


それでは、続きからどうぞ。




2018年個人的音楽ランキング(楽曲編)


※対象は2018年に発売された楽曲(2017年末に発売された曲も含む)


1位:Lemon / 米津玄師
 『アンナチュラル』主題歌。人の死を悲しむ暗いイメージの曲だけど、惹き込まれるメロディー展開や歌詞が素晴らしい名曲。上半期でも1位にしたけれど、下半期になってもこの曲は飽きが来ることなく、2018年で一番いいという印象は揺るがなかった。


2位:闘う戦士たちへ愛を込めて / サザンオールスターズ
 初めて聴いたときから攻めている印象はあったけれど、フルで聴くと40周年のサザンだからこそ響く楽曲だなと思った。所々、前時代の価値観に思えるフレーズはあるものの、平成最後の現代にもグッサリと刺さる曲ではあると思う。


3位:U.S.A. / DA PUMP
 最初こそ「DA PUMP懐かしいなぁ」くらいに思っていたけれど、キャッチーなメロディーに「カーモンベイビーアメリカ」のフレーズが耳から離れない。『Lemon』と同じくらいに下半期はよく聴いた一曲。


4位:アイデア / 星野源
 『SUN』や『恋』を彷彿させる1番の明るいポップな星野源。2番のネガティブな星野源。そして、大サビに再び盛り上がると星野源の「アイデア」がそのまま「魅力」へと見事に昇華して纏められた曲だと思う。


5位:TEENAGE RIOT / 米津玄師
 サビの激しさを中心に一気に突き抜けていくロックな曲。個人的に『BOOTLEG』から入ったので、そのイメージを踏襲しているように思えた。


6位:大丈夫 / 花澤香菜
 槇原敬之が作詞作曲。サビを中心にその色が感じられるけれど、ここ数作くらいの中では一番に耳に残る。MVのダンスがとても可愛らしい。


7位:ここから、ここから / 玉木マリ、小淵沢報瀬、三宅日向、白石結月
 『宇宙より遠い場所』ED。個人的にも刺さるフレーズが満載の歌詞と、ミディアムテンポのメロディーに惹き込まれた。どうか、幸あれ。


8位:いつか世界が変わるまで / 飯田里穂
 『奇宿学校のジュリエット』ED。サビがとても気持ちいい。これまで、飯田さんはラブライブ関連ばかりでソロはあまり聴いたことがなかったけれど、ソロもなかなか良いんじゃないかと期待するきっかけとなった。


9位:アザレア / nano.RIPE
 『citrus』OP。テンポが早く爽快だけれど、少し怪しげなメロディーはタイアップ作品を象徴するかのよう。冒頭の歌詞に深く共感。


10位:ハルカトオク / saya
 『宇宙より遠い場所』挿入歌。この曲がかかるときは重要なシーン、感動的なシーンが多かった。涙を誘う一曲。


11位:†吸tie Ladies† / ソフィー・トワイライト、天野灯、夏木ひなた、エリー
 『となりの吸血鬼さん』OP。メロディーが好みで、懐かしい雰囲気もある。


12位:宇宙を見上げて / saya
 『宇宙より遠い場所』挿入歌。『ハルカトオク』と同様、感動的なシーンにかかることが多い。こちらの方が明るく開放感がある。


13位:シリウス / BUMP OF CHICKEN
 『重神機パンドーラ』OP。これぞBUMPと言えるストレートなロックな曲。


14位:星のダイアローグ / スタァライト九九組
 『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』OP。この作品の曲はどれも良く、その中でも一番好き。


15位:Flamingo / 米津玄師
 一言で言えば「カオス」なんだけれど、何故か惹き込まれる一曲。


16位:パレイド / 夏川椎菜
 温かなメロディーに乗せられた歌詞はかなり現実的でネガティブな内容であることがかなりインパクトが残った。


17位:Find the Answer / 嵐
 今年の嵐の曲ではこの曲が一番お気に入り。


18位:話がしたいよ / BUMP OF CHICKEN
 自分も年齢を重ねたのか、こうしたミディアムナンバーもよく思えてきた。これまでの同系統の曲とは違って4分ちょっとで終わり、バンドの音も意外となっているのでさらっと聴ける。


19位:明日への扉 / 山田結衣&加瀬友香
 名曲である原曲のイメージを壊さずに可愛らしくカバーしている感じ。


20位:TRY&JOY / 戸松遥
 CMでサビの部分を聴いてみて気になったのでフルで聴いたらとてもいい曲。



□けっこう良かった曲□
・STARTails☆『ne! ne! ne!』
・亜咲花『SHINY DAYS』
・佐々木恵梨『ふゆびより』
・竹達彩奈『OH MY シュガーフィーリング!!』
・fhana『わたしのための物語 ~My Uncompleted Story~』
・KinKi Kids『Topaz Love』
・大原ゆい子『言わないからね。』
・内田真礼『aventure bleu』
・やなぎなぎ『間違い未来』
・Wake Up, Girls!『スキノスキル』
・SEKAI NO OWARI『サザンカ』
・saya『The Girls Are Alright』
・スタァライト九九組『スタァライトシアター』
・はちみつロケット『おかしなわたしとはちみつのきみ』
・コブクロ『ONE TIMES ONE』
・三月のパンタシア『風の声を聴きながら』
・悠木碧『帰る場所があるということ』
・スピカ『Make debut!』
・新田義史『鮭とイクラと893と娘』
・オーイシマサヨシ『オトモダチフィルム』
・テレサ・ワーグナー『ラヴソング』
・衛藤可奈美、十条姫和、柳瀬舞衣、糸見沙耶香、益子 薫、古波蔵エレン『進化系Colors』
・衛藤可奈美、十条姫和、柳瀬舞衣、糸見沙耶香、益子 薫、古波蔵エレン『未来エピローグ』
・こみっくがーるず『Memories』
・こみっくがーるず『涙はみせない』
・aiko『ストロー』
・坂本真綾『ハロー、ハロー』
・嵐『夏疾風』
・YURiKA『ふたりの羽根』
・大原ゆい子『ハイステッパー』
・大空遥、比嘉かなた『FLY two BLUE』
・大空遥、比嘉かなた、トーマス・紅愛、トーマス・恵美理『Wish me luck!!!!』
・あおい、ひなた、かえで、ここな『地平線ストライド』
・あおい、ひなた、かえで、ここな『色違いの翼』
・中島愛『Bitter Sweet Harmony』
・下地紫野『そんなの僕じゃない。』
・赤血球・白血球・キラーT細胞・マクロファージ『ミッション! 健・康・第・イチ』
・金時琴子『You are my only one』
・やくしまるえつこ『放課後ディストラクション』
・ClariS『CheerS』
・Foorin『パプリカ』
・ソフィー・トワイライト、天野灯、夏木ひなた、エリー『HAPPY!!ストレンジフレンズ』
・ChouCho『オレンジ色』
・halca『スターティングブルー』
・井口裕香『革命前夜』
・フランシュシュ『徒花ネクロマンシー』
・フランシュシュ『光へ』
・ハルカトミユキ『17歳』
・三月のパンタシア『ピンクレモネード』
・姫柊雪菜『LOVE STOIC』
・Poppin'Party『キズナミュージック♪』
・Aqours『Thank you, FRIENDS!!』
・BUMP OF CHICKEN『望遠のマーチ』
・米津玄師『ごめんね』
・安月名莉子『君にふれて』
・小糸侑、七海燈子『hectopascal』
・邪神ガールズ『あの娘にドロップキック』


 2018年もいい曲にたくさん出会うことができました。2019年もたくさんの音楽に触れることができればいいなと思います。

以上。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/1285-d0d7a8f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック