FC2ブログ
開設10周年!(2018/10/4)日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2020/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/10

・2018年も今日を入れて残り3日。秋クールのアニメが続々と終わっていき、テレビの番組表を見ると通常とは違う番組編成となっているので、いよいよ本当の年末になったんだなと思う。もちろん、冬コミが始まったとか、紅白のリハーサルのニュース記事が出始めたというのもあるけれど。


・年末恒例の1年の振り返り記事。今日はアニメについて個人的にランキングを作りました。たくさん観たので、「2018年の作品」と「2017年までの作品」の2部門に分けて、各20位まで作りました。


それでは、続きからどうぞ。


2018年個人的アニメランキング


□2018年の作品編□


※2018年に放送されたTVアニメ作品。劇場公開された作品や、OVAとしてBlu-ray&DVDで発売されたアニメ作品が対象としています。


1位:宇宙よりも遠い場所
 冬クール。南極へ行くことを通して、主人公である女子高生4人の人間模様と成長を描いた秀逸なストーリーが最高。キャラクター(デザインや声を含め)、背景、音楽、演出のどれも良く、個人的に2018年ナンバーワン作品。


2位:ゆるキャン△
 冬クール。リンと野外活動サークルのメンバーであるなでしこ達との絶妙な距離感。1人でもいい、みんなと一緒でもいいという価値観に共感。山梨や長野の風景がいい。爆乳なあおいちゃん可愛い。ケルト風BGMもかなり気に入った。TVアニメ第2期が決定しているので期待したい。


3位:やがて君になる
 秋クール。以前から原作を追っていたけれど、原作者が深く関わっていることもあって丁寧な作りになっていたのが好印象。劇の発表まで描かれていればなお良かった。「がんばるぞい」の高田憂希さんボイスの侑もいいけれど、茅野愛衣さんボイスの沙弥香が最高。茅野さんは百合作品に合うなぁと思う。個人的に2018年一番の百合アニメ作品。


4位:となりの吸血鬼さん
 秋クール。現代に吸血鬼がいたらこんな感じなんだろうなと違和感なく楽しめた。あと、灯は『きんいろモザイク』の忍に確かに似ているけれど、灯は毎回「エヘヘッ」と言っていて忍よりもインパクトが強かった。


5位:あさがおと加瀬さん。
 OVA作品。原作に準拠しており、個人的に好きなエピソードが多くて満足。ドラマCDのエピソードやオリジナルエピソードを加えてTVアニメ化してほしい。


6位:からかい上手の高木さん
 冬クール。西方がひたすら羨ましい。


7位:青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
 秋クール。「美少女×不思議な現象」という個人的な嗜好のドツボにハマった作品。雰囲気として懐かしい感じも。来年公開の映画も期待したい。


8位:うちのメイドがウザすぎる!
 秋クール。安定の動画工房。ミーシャやつばめを中心に成長が描かれた。ミーシャはもちろんつばめも顔は可愛いんだけれど、つばめの筋肉質な体は胸以外はマッチョな男に思えた。


9位:ゾンビランドサガ
 秋クール。まさかのゾンビアイドルものでぶっ飛んだ。単なるお仕事ものかと思ったけど、生前についてのドラマが語られ始めてから、死んでも楽しいことはできるんだなと感動した。


10位:すのはら荘の管理人さん
 夏クール。きらら系な一迅社作品。彩花さんはもちろんのこと、茉莉お姉ちゃんも結構好き。今年は茅野さんボイスのキャラクターに当たりが多いな。


11位:citrus
 冬クール。原作の絵柄とは雰囲気が結構違ったけれど、それも段々と慣れてきてこれもありかなと思った。原作は完結したので、もしアニメ2期があれば最後まで描いてほしい。


12位:こみっくがーるず
 春クール。薫子を中心とした女子高生漫画家の成長物語。特に琉姫のサイン会の話がお気に入り。


13位:アニマエール
 秋クール。チアガールものはあまり馴染みがなかったけれど、主要キャラクター5人に個性があってどの子も可愛くとっかかりやすかった。こはねの高所恐怖症が少しずつ治っていくのも良かった。あと、腋を拝む作品。


14位:ゆらぎ荘の幽奈さん
 夏クールとOVA。特にOVAではおっぱい。宮崎千紗希ちゃんは個人的に2018年の一番のアニメヒロイン。


15位:奇宿学校のジュリエット
 秋クール。原作準拠で好印象。ペルシアが可愛い。あれ、ここにも茅野さんボイス。


16位:はたらく細胞
 夏クール。体のお勉強にもいい良作アニメ。血小板ちゃん可愛い。はったらくさいぼ~♪


17位:ぐらんぶる
 夏クール。とにかく股間の黒塗り自主規制に吹いてしまい、最後までブレないギャグが面白かった。


18位:あまんちゅ!~あどばんす~
 春クール。第1期と変わらずほのぼのとしながらも、ダイビングについてはしっかりと描かれていた。


19位:多田くんは恋をしない
 春クール。テレサが可愛いテレサの作品。


20位:俺が好きなのは妹だけど妹じゃない
 秋クール。作画崩壊がどうしても目立ってしまうけど、内容は学生時代に好きだったライトノベルの感じがして割と好み。


□けっこう良かった作品□
・スロウスタート
・りゅうおうのおしごと!
・はねバド!
・ラーメン大好き小泉さん
・だがしかし2
・たくのみ。
・恋は雨上がりのように
・刀使ノ巫女
・ウマ娘
・かくりよの宿飯
・3D彼女リアルガール
・ヒナまつり
・ゴールデンカムイ
・鹿楓堂よついろ日和
・ヲタクに恋は難しい
・ISLAND
・One Room セカンドシーズン
・ヤマノススメ サードシーズン
・アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 3rd Season
・異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
・七星のスバル
・はるかなレシーブ
・ちおちゃんの通学路
・音楽少女
・殺戮の天使
・あそびあそばせ
・邪神ちゃんドロップキック
・京都寺町三条のホームズ
・ハイスコアガール
・ハッピーシュガーライフ
・少女☆歌劇レヴュースタァライト
・あかねさす少女
・転生したらスライムだった件
・風が強く吹いている
・とある魔術の禁書目録Ⅲ
・色づく世界の明日から
・逆転裁判 Season 2
・RELEASE THE SPYCE
・CONCEPTION
・ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。
・ツルネ ―風舞高校弓道部―
・あっくんとカノジョ




□2017年までの作品編□

1位:ひだまりスケッチ
 2007年(第1期)、2008年(第2期)、2010年(第3期)、2012年(第4期)作品。何故か今まで観ていなかったきらら作品。最終的には沙英とヒロの卒業まで描かれるが、個性豊かなキャラクター達の出会い、成長が感じられる作品でハマった。


2位:ストライク・ザ・ブラッド
 2013年(TVアニメ)、2015年(OVA第1期)、2016年(OVA第2期)、2018年(OVA第3期)作品。吸血鬼がメインの作品は多いけど、主人公・古城の場合は最強キャラ。雪菜、浅葱、紗矢華など魅力的なヒロインも数多く登場する。古城が彼女達の血を吸う場面はたまらない。


3位:氷菓
 2012年作品。2017年の年末から2018年の年始にかけて観た。日常に潜む謎解きモノという内容に惹かれた。ヒロインのえるが可愛かった。気になります。


4位:小森さんちのメイドラゴン
 2017年作品。小林さんラブなトールもなかなかだけど、「ボヘエエッ!」と叫ぶカンナラブなリコもなかなか強烈だった。安定して面白かった。


5位:BanG Dream!
 2017年作品。2019年1月からアニメ第2期が始まるので、録画した第1期とOVAを一気に観た。女子高生のバンドということで『けいおん!』の第1期に似ているけど、こちらの方がよりバンドとして音楽に向き合う様子がしっかり描かれている印象。音楽もいいので、アニメ第2期も期待したい。


6位:あまんちゅ!
 2016年作品。第2期放送中に録画した第1期を観た。光に支えられながらダイビングのことを知っていく双葉の成長ぶりが良かった。あと、双葉は光のことが好きだよな・・・・・・?


7位:悪魔のリドル
 2014年作品。暗殺を阻止して生きて卒業するというスリリングなテーマと、晴を暗殺しようとするキャラクター達がみんな魅力的だった。


8位:アスタロッテのおもちゃ!
 2011年作品。23歳の直哉に10歳の明日葉という娘がいるという設定を知ったときは驚いた。そんな親子を中心に接して、アスタロッテが成長していく姿が良かった。


9位:競女!!!!!!!!
 2016年作品。胸や尻がフィーチャーされているのでお色気コメディかと思いきや、中身はかなり真剣なスポコン作品。胸や尻を中心に作画が凄かった。


10位:ガヴリールドロップアウト
 2017年作品。冒頭にネトゲを通じてガヴリールが天使から堕天使へとあっという間に転じてしまうところが面白い。それでいて、天使の演技もしっかりできるから凄いヤツだ。


11位:亜人ちゃんは語りたい
 2017年作品。バンパイア、デュラハン、雪女、サキュバス……普通の人とは違う体質を持っていると苦労はあるけれど、それでも彼女達なりに乗り越えようとするところがいい。


12位:琴浦さん
 2013年作品。第1話がかなり重かったのでこれからどうなってしまうか予想が付かなかった。人の心の中が分かってしまうので、真鍋ほどのエロ男爵じゃないと琴浦さんを安心させられないか。最後の通り魔事件もなかなかの展開で面白かった。


13位:リトルバスターズ!
 2012年(第1期)、2013年(第2期、EX)作品。第2期終盤の展開には驚いた。というか、恭介がかっこ良すぎる。


14位:生徒会役員共
 2010年(第1期)、2014年(第2期)作品。エロネタ満載のラブコメディ。DVDレンタルしP音なしの設定で観たのでそれはもう凄まじかった。


15位:咲-saki-
 2009年(第1期)、2012年(第2期・阿知賀編)、2014年(第3期・全国編)作品。高校生のときに原作を読んでそれっきりだったけれど、結構面白い作品だと気付く。麻雀はほぼ分からないけれど。


16位:ゲーマーズ!
 2017年作品。勘違いの極みとも言える作品。葵せきな作品らしくキャラクターのやり取りは面白かった。


17位:這いよれ! ニャル子さん
 2012年(第1期)、2013年(第2期)作品。うー! にゃー!


18位:ステラのまほう
 2016年作品。きらら作品。それぞれが得意な分野があって、それを結集してゲームができるんだよなぁと改めて知る。


19位:じょしらく
 2012年作品。時事ネタを時折入れてくるけれど、放送から6年経っているので「あぁ、そういうのあったなぁ」という印象。


20位:バカとテストと召喚獣
 2010年(第1期)、2011年(第2期)。バカでありギャグなので笑える場面がたくさんあった。


□けっこう良かった作品□
・たまこまーけっと
・恋愛ラボ
・となグラ
・じょしらく
・世界でいちばん強くなりたい!
・電波女と青春男
・いちご100%
・乃木坂春香の秘密
・Aチャンネル
・はたらく魔王さま!
・侵略!イカ娘
・マンガ家さんとアシスタントさんと
・神のみぞ知るセカイ
・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
・ソウルイーターノット!
・会長はメイド様!
・打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
・きみの声をとどけたい
・政宗くんのリベンジ
・ハナヤマタ
・大図書館の羊飼い


 名探偵コナン、ご注文はうさぎですか?、きんいろモザイク、のんのんびより、月刊少女野﨑くん、とある科学の超電磁砲、ハヤテのごとく!、僕は友達が少ない、TARI TARI、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。なども観ましたが、昔から好きであり何度も観ているのでランキングには入れませんでした。



 2018年はその年のアニメも、去年までのアニメも面白い作品にたくさん出会えました。2019年も面白いアニメをたくさん観ることができるといいなと思います。


以上。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/1283-ef8774f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック