日記と音楽レビューを中心に更新しています。リンク&トラバなどはフリーです。

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

・Mr.Children『REFLECTION』{Drip}(初回限定盤)と未収録曲9曲のレビューです。続きからどうぞ。
Mr.Children『REFRECTION』{Drip}(初回限定盤)
発売日:2015.6.4

CD{Drip}
01. 未完
02. FIGHT CLUB
03. 斜陽
04. Melody
05. 蜘蛛の糸
06. Starting Over
07. 忘れ得ぬ人
08. Reflection
09. fantasy
10. REM
11. WALTZ
12. 進化論
13. 幻聴
14. 足音 ~Be Strong

特典DVD(初回限定盤のみ)
RECORDING of REFLECTION {Drip} & {Naked}(約62分)

{Drip}未収録曲(封入されているIDを用いて、1曲250円でダウンロード可能)
01. I Can Make It
02. ROLLIN' ROLLING ~一見は百聞に如かず
03. 放たれる
04. 街の風景
05. 運命
06. You make me happy
07. Jewelry
08. 遠くへと
09. I wanna be there

(※未収録9曲については、2016年6月末日までダウンロード販売している)


 Mr.Children、18thアルバム。前作から約2年7ヶ月ぶりで、これは過去最長。前作以降の間に発売されたシングルから、『足音 ~Be Strong』、『Melody』のみ{Drip}に収録され、未収録となった『放たれる』はダウンロード販売のみになっている。今作はツアー最終日に発売され、23曲入りUSBアルバムの{Naked}と、そこから厳選された14曲入りCDアルバムの{Drip}の2形態で発売している。{Drip}には未収録9曲のダウンロードIDが封入されている。また、ドキュメンタリー映像が収録されたDVD付きの初回盤が存在し、これは{Naked}にも同梱されている。また、{Naked}にはライナーノーツ、写真集、DEMO音源の聴けるIDが封入されている。また、小林武史が参加している曲が幾つかあるものの、今作はセルフプロデュース作品となっている。


CD{Drip}
 歌詞やメロディという意味では世間が想像するMr.Childrenらしさが健在していて、これまでとの変化は良い意味であまり感じられない。期待通りのMr.Childrenのアルバムだと思う。個人的に、近年のアルバムと比べて歌詞とメロディが再び冴えてきているなという印象を抱いた。壮大な曲、軽やかな曲、激しい曲、哀愁漂う曲、前に進もうとするエネルギッシュな曲……バラエティ満載な一作で飽きなく最後まで聴き通せる。Dripというだけあって、今のMr.Childrenを厳選した曲で作り上げた一枚だと思う。常識を破って進もうという『未完』から始まり、全てのことを真っ直ぐに受け止めたいという『足音 ~Be Strong』で終わる曲構成がいい。前作よりも好きなアルバムになった。
 サウンド面についてはロックバンドMr.Childrenが帰ってきた感じ。ここ十年ほどのお決まりであったストリングスとピアノは使っているものの、バンドの音が前面に出てきてベスト盤でいえばmicroの時期くらいのサウンドバランスに戻った(その時期と比べてもバンドの音が前に出ている感じ。特にギター)。ピアノもストリングスも曲を良くするためのスパイス程度に感じた。今作を聴いたときに新鮮に感じてしまい、ここ十年ほどの作品が、いかにピアノやストリングスが前に出ていたのかが分かる。ロックバンドなのだから、次回作以降も今作のようなサウンドバランスで作ってくれることに期待。


{Drip}未収録曲9曲
 {Naked}を購入していないのでアルバム曲というよりも、どうしても{Drip}に漏れた曲という印象が強い。軽やかな曲やマニアックな曲が多いけれど、アルバム曲として映える曲群ではあると思う。ただ、個人的に『運命』だけは{Drip}に収録してもいいんじゃないかと思った。手拍子が入っていたりしてポップだけれど、歌詞はさりげなくエロい。それでも、こういう曲が入っていれば{Drip}の曲幅が更に広がり印象が上がっていたと思う。
 {Naked}ではUSBアルバムで23曲続けて入っている(約2時間)。CDでは2枚組になることが必須な長さだけど、CD2枚組にしていたらどうなっていたのだろう、とワクワクさせてくれる。


特典DVD
 小林武史から離れ、セルフプロデュースにより今作を作っている様子が延々と続く。ただ、作詞作曲をする桜井が中心の映像となっており、アルバム製作をする上での桜井和寿の悩みと挑戦の記録という感じになってしまっている。他のメンバーももちろん登場しているものの、存在感があまり感じられなかった(本作発売後に、NHKのSONGSスペシャルでに同様のテーマで放送されたけれど、そちらの方が4人を中心にアルバムを製作した感じが伝わった)。最後の『未完』のライブ映像が格好良かったので、それだけでそれなりに満足した。


オススメ度:★★★★★


以上。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/1176-90031a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック