日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

嵐カップリング曲10選レビュー。
個人的に気に入っている嵐のカップリング10曲についてレビューしました。


また、オールシングル曲レビューもあります。


それでは、続きからどうぞ。

嵐 カップリング曲10選レビュー。


『五里霧中』
 12th Single『PIKA☆☆NCHI DOUBLE』のカップリング曲。
 ガッツリと突っ走る爽やかなポップソング。櫻井のラップもあって嵐らしい曲だ。カップリングの中では随一の派手さがある。
 「本日は晴天なり」という歌詞が耳残る。個人的にはこの曲を聞くとDの嵐を思い出す。

『夏の終わりに想うこと』
 17th Single『アオゾラペダル』のカップリング曲。
 タイトル通り「夏の終わり」に聴きたいしっとりとした雰囲気の曲。メロディーがかなり好みで『アオゾラペダル』よりも好きな曲だ。

『いつまでも』
 18th Single『Love so sweet』のカップリング曲。
 ポップな曲調なので明るい雰囲気の歌詞なのかと思えば「二度と会えぬこの日」となっていてかなり切ない内容となっている。この曲もメロディーがかなり好みだ。

『ファイトソング』
 18th Single『Love so sweet』のカップリング曲(初回限定盤のみ)。
 作詞:嵐、作曲:二宮和也という嵐の自作曲。Gの嵐で応援歌を作ろうという話になり、そこからできた曲。
 とにかくリスナーを元気にしてくれるアップテンポな曲。励ますのではなく、まずは自分から一歩を踏み出せと歌っているところがいい。

『Still...』
 20th Single『Happiness』のカップリング曲。
 切ない内容にも櫻井のラップが見事に絡み合っている曲。メロディーも凄くいい。ファンからの人気が高いのも納得だ。

『僕が僕のすべて』
 24th Signle『Beautiful days』のカップリング曲。
 嵐の担当したCMのタイアップ曲。そのCMコンセプトが『もし僕が、嵐でなかったら』であり、それに合った良質なバラード曲だと思う。
 タイアップも付いているのに何故、この曲もA面にしなかったんだ。カップリングではもったいない出来である。

『トビラ』
 25th Single『Believe / 曇りのち、快晴』のカップリング曲。
 明るい扉がすぐそこにあることを歌った応援ソング。リアルタイムにシングルを買った中では最初に気に入ったカップリング曲なので一番思い入れがある。

『season』
 27th Single『Everything』のカップリング曲。
 夏に発売されたが内容は卒業ソング。そうなったのも、タイアップ時期の卒業シーズンには着うたフルで配信されただけであったため。
 カップリングにしてはかなりキャッチーなので、A面にしてもおかしくない曲だと思った。

『ever』
 35th Single『Lotus』のカップリング曲。
 歌詞の内容は特に卒業を意味してはいないが、このシングルが発売された時はちょうど高校を卒業した時期で、タイトルが『ever(今まで)』だったので、勝手に卒業ソングだと思っている。
 色々な理由で思い入れが強い曲で、この曲を聞くと高校を卒業した時期を思い出す。イントロを中心にメロディが大好きな曲だ。

『full of love』
 40th Single『Calling / Breathless』のカップリング曲。
 しっとりとしたミディアムナンバーな曲だが、結構爽やかな仕上がりとなっている。こういう曲は今までにもありそうでなかなかない曲で意外とはまる。


以上。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/1080-41c61b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック