日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

嵐シングル曲レビュー。
今回は21枚目から30枚目です。
【評価ルール】
★★★★★:名曲。とても良い
★★★★☆:良い
★★★☆☆:普通。悪くはない
★★☆☆☆:あんまり……
★☆☆☆☆:……
赤になると幾分か評価や好感度が良くなる。
※あくまでも個人的な感想です。


 『花より男子』などから勢いをつけた嵐はこの時期(2008年)から一気に加速してゆく。現在の国民的アイドルと呼ばれる存在へと駆け上がる。
 メンバーには次々とドラマや映画のオファーが来て、タイアップ曲がどんどん増えていきシングルリリースも増えていった。シングル売上が飛躍的に伸びた時期である。
 自分もリアルタイムでシングルを買い始めた時期であり、一番思い入れの深い時期でもある。
 どの時期の曲もタイアップ作品に合っているが、この時期の曲は特にタイアップ作品にマッチした良い曲が多い気がする。リリース順に追っていく。


21st Single『Step and Go』
 前作までとは何か違うと思わせるような一つ進化した曲。ラップもあってまあまあな曲。
 また、この曲から飛躍的に初動売上、累計売上共に上がった。そんな気になれるのは次作からなんだけれど。
評価:★★★★☆


22nd Single『One Love』
 松本主演の映画『花より男子ファイナル』の主題歌。この作品で、ついにつくしと道明寺が結ばれた。この作品からシングルを買い始めた。この曲からが本格的な人気を得た今の嵐になったと思う。
 これまでの楽曲とは違って明らかに名曲の風格を漂わせる男性からの女性へのウェディングソング。『花より男子』主題歌三部作の完結編と言える曲。
 サビの『百年先も愛を誓うよ』という名文句から、結婚式ソングとして大人気だ。嵐の曲の中で一番好きな曲である。文句なしの名曲。
評価:★★★★★


23rd Single『truth / 風の向こうへ』
『truth』
 大野主演のドラマ『魔王』の主題歌。最終的にはヒロイン以外の殆どの主要人物が死ぬというバッドエンドに。それに伴ってかドラマに合ったスリリングな一曲である。
 ジャニーズの曲だと「応援」「ラブ」など明るい曲になりがちだが、この曲はシリアスな雰囲気を貫いた一曲だ。そういう意味では新鮮で斬新だった。
評価:★★★★☆

『風の向こうへ』
 北京オリンピックのテーマソングとなった。アテネに続いて2度目。
 前作とは違って明るい曲となった。気軽に聞けるしこっちの方が生でオリンピック中継を見る分には合っていた気がする。
評価:★★★☆☆


24th Single『Beautiful days』
 二宮主演のドラマ『流星の絆』の主題歌。最終回だけ見たが犯人が意外な人物で驚いた記憶がある。このシングルから発売日または発売週に買うようになる。
 切ない曲調だがここまで優しく綺麗なメロディーだと最後には温かい気持ちになれる。寒い日の夜に合う曲だと思う。かなり好きな曲だ。
評価:★★★★★


25th Single『Believe / 曇りのち、快晴』
『Believe』(嵐)
 櫻井主演の映画『ヤッターマン』の主題歌。
 嵐の歌う応援ソングでは『きっと大丈夫』と同じくらいの良い出来だ。ただ、こちらの方がかっこよさや壮大さも加わっている。
 2番サビの後に櫻井のラップも炸裂し、まさに『トップアイドルとなった嵐』を体現したような曲だ。嵐のポップソングの中では一番好きな曲だ。
評価:★★★★★

『曇りのち、快晴』(矢野健太 starring Satoshi Ohno)
 大野主演のドラマ『歌のおにいさん』の主題歌。作中で大野扮する矢野健太が最終回に歌う曲でもある。実質、大野のソロ曲。
 サビを中心に覚えやすい曲で、子供たちにも口ずさんでもらえそうな曲だ。矢野健太名義となっているが、大野ファンには歓喜の一曲だろう。
評価:★★★★☆


26th Single『明日の記憶 / Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』
『明日の記憶』
 櫻井主演のドラマ『ザ・クイズショウ』の主題歌。クイズを通して解答者の過去を自ら暴露してもらう形式となっておりかなり面白かった。毎週見ていたので発売前から何度も耳にしていた。
 これまでもミディアムバラードの曲は何曲かあったが、ストリングスを上手く利用したこの曲が一番壮大でキャッチーな曲だと思う。
 今までの嵐の曲とは違ってサビのフレーズはリスナーに問いかけるような内容になっている。それまでの過去、そして今からどんな未来を描くのか。じわじわとくる名曲。
評価:★★★★★

『Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』
 どこか懐かしいような曲調の激しいダンスソング。タイトルの意味があまり分からないが、あまりにも君が良すぎて僕には手が届かないということか?
評価:★★★☆☆


27th Single『Everything』
 夏の夕暮れに聴きたい切ない曲調の曲。最初はあまりぱっとしなかったけど、聴いていくうちに良い曲だと思えてきた。
 淡々とした雰囲気で進んでいくが、間奏の壮大な雰囲気に感動する。誰も居ない夕暮れの海岸を思い起こす。
評価:★★★★☆


28th Single『マイガール』
 相葉主演のドラマ『マイガール』の主題歌。ドラマと同じ曲名になるのは初めて。
 亡くなってしまったことで永遠に手の届かない女性へ向けた男性からの曲。とにかく優しい雰囲気に溢れた曲で聴き続けるうちにかなり好きな曲になった。
 2008年と2009年のシングルはどの曲も個性が光っている作品だったと思う。個人的にはこの作品か『Monster』くらいまでがシングル黄金期だった気がする。
評価:★★★★★


29th Single『Troblemaker』
 櫻井主演のドラマ『特上カバチ』の主題歌。生電話のBGM的な感じで小さくかかっていたような気がする。
 嵐の勢いがそのまま表れたポップソング。このレベルのクオリティの作品が安定して出せると思う。櫻井主演のドラマタイアップの曲だったし、ラップがあっても良さそうだったのでなくて少し残念だった。
評価:★★★★☆


30th Single『Monster』
 大野主演のドラマ『怪物くん』の主題歌。嵐のシングルでは3番目の売上を誇っている楽曲である(2013年10月現在)。2010年以降の嵐の曲の中では一番知名度のある曲じゃないだろうか。
 シリアスな曲調かと思いきや結構ポップな曲だ。大野のソロで1番に入っていく部分はかなり気持ちいい。間奏がミュージカルっぽくなっているところが面白い。
評価:★★★★☆


【リンク】
1枚目~10枚目のレビュー
11枚目~20枚目のレビュー
31枚目~41枚目のレビュー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/1066-fec0bb90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック