日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

AKB48『さよならクロール』(劇場盤)のCDレビューです。
【評価ルール】
曲への好感度が主。オススメ度もちょっと含めます。

名曲:名曲!
5:とても良い
4:良い
3:まあまあ
2:悪くはないけどあまりリピートはしないかな……
1:今後聞かない(これはほぼなし)

※あくまでも個人的見解です。


AKB48の31stシングル。
期間限定で総選挙の投票券が付いている(ちなみにこの総選挙1位は指原莉乃)。

劇場盤を某中古ショップで105円で購入。
もちろん、そのCDに応募券は付いていなかった。そして、盤面は新品同様だった。

ちなみに、AKBシングル初レビュー。


1、さよならクロール
 表題曲。
 良質な女性アイドルポップ。このくらいの感想しか浮かばない。キャッチーなメロディーで歌詞も女性からの目線で異性への恋心を表している。ありがちな曲なんだけど、AKB48の勢いというか彼女達が歌っているということで「あぁ、なかなか良いんじゃないか」という風に感じてしまう。何故だろう?
 そういえば、去年の同時期に発売された『真夏のsounds good!』など男性目線の曲も多いが、この曲は女性目線だった。そこに新鮮さを感じて好印象になった。
評価:4


2、バラの果実(Under Girls)
 カップリング曲。
 少しダークな雰囲気のある曲。今の自分はどんな色か分からないけど、前に進めば自ずと分かるという応援ソングにも思える。ギターも随所になっていて、ロックテイストなサウンドが新鮮だった。
 あと、イントロや間奏に台詞が入っているのが面白かった。
評価:3


3、LOVE修行(AKB48研究生)
 カップリング曲。
 普通のポップソングとしか。ある程度勢いはあるけど、少し長く感じる。でも、『バラの果実』よりも聴きやすいと思う。
 あと、研究生ということでタイトルに「修行」という言葉が入っているのか? それとも某芸人が言った『LOVE注入』を模しているのか?
評価:3


良質なポップソングが詰まった一枚だと思いました。
女性アイドルの曲が聴きたいのなら入りとしておすすめします。
CD全体の評価:4


以上。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ndbutlershun.blog60.fc2.com/tb.php/1057-60b4c2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック