FC2ブログ
開設10周年!(2018/10/4)日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2019/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2019/05

・2019年4月30日、天皇陛下の生前譲位により平成という時代が幕を下ろす。およそ30年の時代である。


・自分は平成5年生まれ(年度で言えば平成4年度生まれ)なので、改元は今回が初体験となる。生前譲位とはいえ、終わりに近づくと寂しさを覚えたので、昭和天皇が崩御されたことで平成に改元されたときはもっと凄かったのだろうと勝手に思う。崩御の何ヶ月も前から容態が逐一報道され、自粛ムードが広がったそうだし。


・平成生まれであり、平成の8割以上を生きてきたので、元号が「平成」以外になることが不思議である。平成生まれだからこその寂しさもあるのだろうけど、平成になったときを知っているとどんな風に感じるのだろうか。明日から始まる元号の「令和」が終わるときにその感覚の一部が分かるのかもしれない。


・生前譲位されることの改元により、去りゆく平成に対しては感謝し、これからやってくる令和に対しては祝福という明るいムードになっていると思う。沈んでいるよりは明るい方がいいので、これからの改元も生前譲位の形がいいんじゃないかと。


・両親、祖父母が昭和生まれだし、子供の頃から「平成もいつかは終わる」と思ってきたけど、ついにそのときが目前に迫り、現実になろうとしている。この記事を書いているときは、令和まであと3時間あまりだけど、さようなら平成。ありがとう。


以上。
・2019年度あけましておめでとうございます。今年度もよろしくお願いします。


・4月になり、2019年も早くも4分の1が終了した。本当に時間の流れが速い。このままあっという間に春も過ぎ去っていくんじゃないかと思う。


・新元号がついに発表となり、「令和(れいわ)」に決定。直近に「昭和」があるので、「和」の字を使うとは思わなかった。平成と比べると、キリッとした響きというか、カッチリとした感じはする。東京オリンピックや大阪万博が控えているので「和」を入れたのだろうか。改元してしばらくは慣れないと思うけど、来年の東京オリンピックくらいには自然になってくるんじゃないかと思う。


・2019年冬アニメ。個人的には『私に天使が舞い降りた!』と『かぐや様は告られたい』、『盾の勇者の成り上がり』が特に面白かった。あとは、再放送で初めて観た『ダンジョンで出会いを求めるのは間違っているだろうか』も。個人的には満足なクールとなった。


・春アニメ。期待しているのは原作を読んでいる『ぼくたちは勉強ができない』や『川柳少女』、『ワンパンマン』の第2期に期待している。あとは、2クール作品ということで引き続き『盾の勇者の成り上がり』。春クールも満足なクールになれば幸い。


・DVDレンタルして3月中に見終わったアニメは『ゆゆ式』、『ひだまりスケッチ』(第2期まで)、『ストライク・ザ・ブラッド』(OVA第2期まで)。どれも過去に一度は観たことのある作品なので安心して楽しめた。


・DVDレンタルして観ている作品は『俺物語!』、『あの夏で待ってる』、『Aチャンネル』、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(第1期)、『花咲くいろは』、『生徒会役員共』(第1期)。この中で初めて観るのは『あの夏で待ってる』だけど、これが個人的にはかなり面白い。また、『花咲くいろは』は少なくとも数回観ているけれど、放送時期の影響もあってか個人的に春に観たくなる。俺妹は1年以上ぶり。やっぱり、この作品は面白いなぁ。


・これが平成最後の月初めの日記です。次回からは令和になります。いい時代になることを願います。


以上。