FC2ブログ
開設10周年!(2018/10/4)日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2017/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2018/02

・今日、運転免許証の更新に行った。2度目の更新になる。3年前は初回なので運転免許試験場に行って更新を行なったが、今回は優良運転者(実際はペーパードライバー)なので、近くの警察署で更新することに。備忘録的な意味も込めて記事にする。


・講習の前に更新料と写真料金、そして安全協会の料金を払った。安全協会は免許を取ったときに入会したので払わずに済むかと思いその旨を伝えたら、免許を更新するときは毎回払ってもらうと言われてしまった・・・・・・。まあ、今回限りで協会には入らないと言えば、料金を払わずに済んだのかもしれないけれど。


・写真を撮影し、警察署内で視力検査を受けてから、優良運転者の講習を受けることに。初回更新講習は2時間だったが、今回は優良運転者ということもあって30分で済んだ。DVD15分に教本を使った授業が15分。自分の住む地域が県平均よりも自転車絡みの事故が多いためか、教官の人が自転車についての話ばかりしていた。


・警察署まで徒歩圏内なので、郵送で1000円払うことはせずに直接受け取りに行くことに。来年の4月末で天皇が生前退位され、免許証は西暦で記載はしないとのことなので、訪れることのない『平成35年○月△日まで有効』という免許証を受け取ることになると思われる。手続きを含めて40分ちょっとで終わった。


・免許証のために3年ぶりに写真を撮影したけれど、何だか大人になったというよりは老けたような気がした。今年25歳になるので、今後も優良運転者のままであれば、下1桁が0と5になる年に運転免許の更新をする。5年も経てば何らかの変化(主に老い)があると思うので、5年ごとに老けたなと思うことになるかもしれない。


以上。
Mr.Children『here comes my love』

配信リリース日:2018.1.19


 Mr.Children、7曲目の配信限定シングル。配信限定シングルでは『放たれる』以来およそ3年8ヶ月ぶり。CDシングルを含めると『himawari』以来、半年ぶりとなる。
 フジテレビ系木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』の主題歌。ドラマで楽曲が初解禁となり(CMや新聞でやけにそれを強調していた)、ドラマ放送開始のタイミングで配信限定シングルとしてドラマ放送翌日の午前0時からリリースすることが決まった。
『here comes my love』公式ページ


 静かなピアノの音から始まるので小林武史プロデュース時代の雰囲気に戻ったのかと一瞬思ったけれど、最後まで聴くとしっかりとしたバンドサウンドのロックバラードだった。『himawari』と同様、力強いドラムと間奏でのギターソロが印象的。『himawari』と比べてゆったりとしているので、ドラムの強さがより際立っているように思える。メロディや歌詞は安心安定いつものミスチルという感じ。
 また、『HOME』から『[(an imitation) blood orange]』までの時期のバラード曲をセルフプロデュースしたら、この曲のような感じのサウンドバランスになっていたかもしれないと思った。


印象度:★★★★☆
無理せず頑張れ!


何もトラブルがないことを祈りします。
(雪とか、リスニングの機械故障とか・・・・・・)


大学入学以降は現代文の問題文がどんな感じの内容なのかが(色々な意味で)毎年気になってます。
自分の受けた年では「ゴ・メ・ン・ナ・サ・イ・ネ」というワードが記憶に残っています。


(昨晩、ふと思い出したセンター試験1日目の前日に更新する記事シリーズ)
・本日、『中二病でも恋がしたい! Take On Me』を観に行ってきた。家の都合など色々とあって、公開初日の初回上映で観てきた。公開初日に観に行ったことはあるけれど、その劇場での初回上映で観た記憶がないのでたぶん今回が初めて。


・最近は平日に観ることが多かったので、入場特典には縁がなかったけれど、公開初日の初回ということで劇場の特典フィルムをもらうことができた。メインヒロインの六花のシーンなので満足である。

chu2koi_tokuten_film_20180106
(もらった特典フィルム。ぼやけた写真ですみません)


・また、本編が始まる前に、今作のヒロイン達(六花、丹生谷、凸守、くみん)の4人によるショートストーリーと観覧時の注意が説明された後、携帯やスマホでの写真OKの時間(静止画が映される)が設けられた。そのシーンで撮影した写真はSNSやブログにアップしてもいいことになっているので、私のスマホで撮影した写真を載せます。

chu2koi_TakeOnMe_picture_OK
(撮影OKの時間のシーン。六花、丹生谷、凸守、くみんの4ショット)


それでは、続きから感想をどうぞ(ネタバレあります)。
[【映画感想】中二病でも恋がしたい! Take On Me]の続きを読む
・今日、2018年の初詣に行ってきた。去年よりも参拝客が多かったために時間がかかった。そして、例年通りおみくじを引いたら中吉だった。中吉なのは、2015年以来3年ぶり。


・あと、『うまくいく守』というお守りを買った。何事もうまくいく効力があるけれど、果たしてどうなるか。昨年はおみくじで大吉であり、健康お守りを買ったのにも関わらず翌日に体調を崩してしまったので、お守りやおみくじの効果はあまり期待できない。ただ、持っていると何かいいことがあると信じるのが大切……なはずなので信じてみよう、うん。


・紅白2017。第1部は35.8%、第2部は39.4%だった。第1部は去年よりもアップしたが、第2部は前年より下がりワースト3位の視聴率とのこと。第1部の視聴率の安定さから考えると、固定ファンはガッチリと掴んでいるが、2017年はヒット曲があまりなく、安室と桑田の出演が決定するまではあまり話題になっていなかったので、第2部になっても視聴率があまり伸びないという結果になったのかもしれない。安室や桑田が出演していなければワーストになっていた可能性は高そうだ。それでも、テレビ番組として十分すぎると思う。


以上。
・2018年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年の10月にはブログ開設10周年を迎えます。まずはこれまで通りのマイペースな更新ができればいいなと思っております。


・紅白2017。2016年の紅白を録画で何度も観ていてバタバタ感な印象が強いためか、結構落ち着いて観ることのできる内容だったと思う。2016年の総合司会・武田アナはゴジラの前でPPAPをかますということくらいしか爪跡を残していない印象だったため、今年の総合司会のウッチャンの喋りっぷりが強く印象に残った。紅組司会・有村架純は2016年に比べると落ち着いており、白組司会・二宮和也も相葉雅紀に比べるとしっかりと喋っていた。


・生放送を見た時点でかなり印象に残った出場歌手は竹原ピストル、Sexy Zone、欅坂46、SHISHAMO、倉木麻衣、エレファントカシマシ、Superfly、星野源、WANIMA、X JAPAN、氷川きよし、石川さゆり、ゆず。個人的に前半のMVPは弾き語りで熱唱した竹原ピストル、後半のMVPは貫禄の復活を遂げたSuperfly。歌唱自体は2016年に続いて、じっくりと聴かせる紅白だったのかなと思う。


・究極の大トリとか、持ち時間20分とか忖度系記事で色々と言われていた特別出場歌手・安室奈美恵は、過去のVTRとウッチャンとの会話、そして、『Hero』の歌唱で10分くらいだった。メドレーならまだしも、1曲だけならさすがにフルコーラスだと思ったけれど、そうじゃなかったのが意外だった。それでも、ラストステージらしい貫禄と神々しい感じがした。


・そして、もう1人の特別出場歌手・桑田佳祐は、『ひよっこ』特別編に出演して『涙くんさよなら』を弾き語りするというサービス精神ぶりを発揮し、『若い広場』をフルコーラス。有働アナを巻き込んだりしていつもの桑田という感じだった。事前の報道とは打って変わって、安室よりも桑田の方が紅白にガッツリと出演したという。朝ドラ主題歌担当&主演有村が司会ということで忖度されたのか。


・集計方式を、毎回の対戦(視聴者投票)と、最後に会場にいる観客&ゲスト審査員によ投票で決まるシステムに変わった。しかし、蓋を開けてみれば視聴者投票の時点で白組が圧倒的な差で勝っていたため、会場とゲストの票が全く意味を成さないという事態に。視聴者投票も会場の票も同じ1票として数えられるのが原因だと思われる。何だか、2018年以降もこのままの集計方式で行うと、ずっと白組が優勝し続けてしまうのでは……と思った。しかし、ゲスト審査員や観客の票の比重を重くすると、2016年のような事態にもなりかねないので、こればかりは何とも言えない。視聴者も会場もゲストも最後に一度だけ1票を投じる……というのが『歌合戦』を形作るにはいいのかもしれない。


・視聴率は前半は30%越え、そして、安室&桑田効果で後半は40%は越えるんじゃないかと予想しているけれど、果たしてどうなるか。


以上。