日記と音楽レビューを中心に更新しています。リンク&トラバなどはフリーです。

2014/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2014/06

・前回の更新から3週間以上も経ってしまったが、生活の上で大きな変化はない。暑くなってきたので、ペットボトルのお茶が手放せなくなったくらいか。研究室生活を基本とし、毎週火曜にはゼミがあってそこで一苦労するという変わり映えのない生活である。

・この3週間で聴いた作品が結構あるので、作品名だけでも列挙してみる。

・μ's『どんなときもずっと』
・Mr.Children『放たれる』(配信限定)
・AKB48『ラブラドール・レトリバー』
・嵐『誰も知らない』
・μ's『ユメノトビラ』
・ももいろクローバーZ『泣いてもいいんだよ』
・喜多村英梨『掌-show-』
・fripSide『black ballet』
・TOKIO『LOVE, HOLIDAY.』
・稲葉浩志『Singing Bird』
・ゆるゆり第2期ベスト『YURU YURI♪♪2nd.Series BEST ALBUM ゆるゆりずむ♪2』
・SMAP『pamS(ウラスマ)』
・サザンオールスターズ『キラーストリート』
・GLAY『The Great Vacation Vol.2』
・宇多田ヒカル『HEART STATION』

・ざっと15作品。シングルではアニメ系が多く、アルバムは旧譜中心でベスト盤か半ベスト盤的オリジナル盤である。アルバムはどれも当たりであり、聴く曲の幅も少しは広がってきたと思う。


以上。
・GW中にも色々なCDを聴いたので、簡易レビューをしたいと思う。嵐『GUTS!』(通常盤)、SMAP『Yes we are / ココカラ』(初回盤A)、ClariS『STEP』、スピッツ『さざなみCD』、中二病2期のキャラソンミニアルバム、桜Trickのアルバムの6作。嵐、スピッツについては購入し、それ以外はレンタル。


・まずは嵐について。表題曲『GUTS!』は文字通りガッツ溢れる爽快な曲。最近の曲では結構聞き込んでいる曲であり、前作よりもかなり好きな一曲になった。カップリング2曲も安定した良質なナンバーだった。


・次はSMAP。『Yes we are』は最初こそは地味に聞こえたが、聞き込んでいくうちに段々と良さが滲み出てくる曲。『ココカラ』は爽やかでポップな曲。


・ClariS『STEP』は、タイアップ作品が同じためか『CLICK』と同系統の爽やかな曲。サビ中心に『CLICK』よりもテンポが速いので何度も聞き込める。カップリング2曲はどちらも良いけど、今回はバラード調の『桜咲く』の方が好きだ。


・ここからはアルバム。まずはスピッツ『さざなみCD』(2007年)。この時期の曲も、シングル曲も含めて安定感溢れるサウンドが展開されている。ロックな曲、バラード曲、アコースティックギターの音色が光る曲などバラエティに富んでおり、満足。


・中二病2期キャラソンミニアルバム『輝きの幻想舞台』。どの曲も良いけれど、第1期のキャラソンよりもインパクトに欠けた気がした。一番良かったのがBlack Raison d'etreがリメイクした『Sparking daydream』。第1期のOPだったので、1曲目でも違和感はないけれど、キャラソンミニアルバムとしている以上、ボーナストラックとして最後に収録して欲しかった。


・桜Trickのアルバム。主題歌のMixなどもあり、聴き応えのある内容。ただ、『Kiss(and)Love』3連発はちょっときつかった。バージョン違いなのでこういう曲順になるのは仕方ない。3連発がきつかっただけで、それぞれは良かったと思う。


・近日発売の新譜について、μ's『どんなときもずっと』は購入決定。ももいろクローバーZ『泣いてもいいんだよ』はレンタル予定。


以上。
・5月になり、2014年も3分の1が終わった。本当に時が経つのは早い。研究室生活も1ヶ月を迎えた。満員電車に乗らなくていいため、今のところはゆったりとした生活を送ることができている。


・火曜日がゼミなので、火曜日が終わると一週間が終わった感覚になる。よって、一番気が楽なのは水曜日。主なCD新譜が発売される曜日でもあるので、結構水曜日が好きになった(たまに木曜発売の新譜もあるが、入荷が水曜なので尚更)。


・今年のGWは5月1日から6日まで。学生生活最後のGWなので、やりたいことを思い切りやり尽くすつもりである。まあ、来年以降も休めるとは思うが、学生気分で休めるのは今年が最後なので楽しい連休にしたいと思う。


・今日はGW恒例のコナンの劇場版を観てきた。世良や沖矢、FBIなど劇場版では初登場となるレギュラー陣が多かったので、これまでとはひと味違った面白さがあって結構良かった。まあ、スケボー関係のシーンは年々ツッコミ所が増えているけれど、そこはアニメなので。人間離れをしたコナンのアクションシーンは今作も健在なので、そこら辺が楽しみな人にもオススメである。


・今回の劇場版では初となる原作の謎が明かされた。まあ、原作コミックを全て読んでいれば予想しているであろう事柄なので、明かされたシーンになってもさほど驚かなかった。明かされる謎とは何なのか。それは実際に劇場版を観てご確認を。


以上。