日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2013/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2013/12

・先週発売されたポルノグラフィティのオールタイムベストアルバム(通常盤)を中古2950円で買った。一週間も経ってないのにあるのかなと半信半疑で某中古ショップに行ったら見事にあった(初回限定盤も)。初回限定盤の特典DVDの内容に惹かれるものがなかったので、値段の安い通常盤即決。これから少しずつ聴く。


・紅白歌合戦の出場歌手がついに発表された。色々とツッコミたい部分があるのでこれについては近日中に日記としてアップする予定。一言で言えば、相変わらず大物歌手はあんまり出ないが、今回はメンツが多彩なので面白そうである(特に初出場歌手)。何だかんだで紅白は見てしまう。


・就職活動解禁まで一週間を切った。嗚呼……。


・12/1から就活と学業という二足のわらじ履かなければならない。大変なのは分かっているが、やるしかないからやるしかないのである。ついに、ここまで来てしまった。迎撃してやるくらいの勢いでやらないと乗り越えられない気がしてきた。個人的に、音楽や漫画は就活中の精神状態を支える重要なコンテンツになりそうだ。あとは温かいコーヒー。温もりは偉大なり。


・水曜日には機巧少女のEDが収録されたCDがレンタル開始される。TVサイズでものけぞったのに、フルサイズではどれだけのけぞる羽目になるのか。一応、レンタルする予定(近所のレンタル店が入荷していれば)。


以上。
・今年聴いたCDと配信音楽の作品数が100を超えた。去年に比べて圧倒的に多い。個人的2013年音楽ランキングではTOP20かTOP30くらいにしないと駄目だろうか。去年まではJ-POP系10曲、アニメ系10曲って感じでやっていたけど。少し迷っている。


・『ゴールデンタイム』の主題歌CDをレンタルした。OP、EDどちらもフルでもなかなか良い曲だった。EDはバラードだったけど3分ちょっとなのでスッキリと聴けた。最近はバラード曲もある程度抑揚のある曲でないとダレて聞こえてしまって、あまり印象が良くなくなってしまう。もちろん、メロディや歌詞が好みであれば良いけれど。


・放映から大分経つが『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』の主題歌CDも借りた。放映時ではあまりぱっとしなかったが、フルでちゃんと聴いてみると意外と良い感じだった。


・この時期になると大型の音楽特番が増えていく。このような番組を見ると年末だな、と感じる。先日も日テレであったのだが就活関係のセミナーと被ってしまって見られなかった。


・年末の音楽番組となると思い出すのが日本レコード大賞である。俺が生放送で見始めるようになってからは「大賞はあいつに決まってるじゃん」という空気が毎年漂っているような。今年もノミネート曲が出揃ったので、続きは追記にて。


それでは、追記へどうぞ。
[【日記】日本レコード大賞2013など。]の続きを読む
・『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』というとても長いタイトルの作品のコミカライズを読んだ。なかなか面白い。要所要所に示される選択肢がぶっ飛んでいることが多い。今までにありそうでなかった作品なので好印象。


・『東京レイヴンズ』のOPである、黒崎真音『X-encounter』をレンタルした。派手ではないが、クールなかっこよさを感じられる曲だ。


・鈍足ながらも業界研究は進んでいる。SPIについては理系学部にいるのに、非言語系よりも言語系の方が正答率が良いという謎な展開になった。PCで答えるからなのか? 非言語系に出るような問題は紙に書いてじっくりと解きたい。ただ、本番だとじっくりと解けるほどの時間はないので、そこは慣れでカバーしないといけなくなる。理系の人間だからか、非言語系の問題は点数を取るのではなくてしっかりと解きたいのが本音だ。


・11/20にリリースされるポルノグラフィティのオールタイムベストアルバムを買おうか迷っている。初期の曲や代表曲は知っているしそれなりに好きなのだが、音源は一切持っていない。ポルノはこれまでに何度もベストアルバムを出しており、代表曲を揃えるなら中古ショップで旧ベストを買えばよい。ただ、最近の曲も幾つか気になる曲があるので、オールベストを買うのもあり。レンタルする、という気には不思議となれないんだよなぁ。


・いつの間にか、コーヒーはブラックでも大丈夫なようになった。最近は急に寒くなったので、温かいコーヒーを飲むことは一つの楽しみです。


以上。
・SMAPがニューシングル『シャレオツ / ハロー』を12/18に発売することが決まった。通常初回プレス盤を含めると全部で4種類のリリース形態となる。3,4年くらい前までは両A面シングルでもCDのみの1種類だったのに、今はガッツリと複数商法に走っている。3種類全て揃えて初めて応募できるキャンペーンもあるそうだ。このような売り方なら初動20万くらいは行くだろうか。


・『さかさまの空』辺りからSMAPのシングルは毎回レンタルしている。今度のシングルもレンタルする予定。個人的に、最近のSMAPの曲は1度だけ聴いても印象に残りにくいが、何度も聴いていくうちに味わいが出てくる曲が多い。


・アニメ本編はまだ一切観ていないのに『東京レイヴンズ』、『ゴールデンタイム』、『機巧少女は傷つかない』のOPとEDを試聴してみた。特別良かった曲はなかったが、『ゴールデンタイム』のOPとEDはそれなりに良い曲だった。『東京レイヴンズ』のOPは最初こそぱっとしなかったが、不思議と何度も聴いてしまう曲である。『機巧少女は傷つかない』のEDはとにかくのけぞった。なんだあれは。この4曲が収録されているCDはそれぞれレンタルする予定。


・そういえば、BUMP OF CHICKENのニューアルバム『RAY』が来年の1月にリリースすることが決定したそうだ(2週間くらい前には発表されていた)。今作も3年ぶり。前作『COSMONAUT』から結構シングルは出ていたのでそこまでリリース間隔が空いたという実感はない。全13曲中『虹を待つ人』を含めてシングル6曲。まあ、シングル曲は長い曲が多いので13曲ぐらいが妥当か。BUMP恒例の隠しトラックもあると思うし。


・年末までに何作のCDや配信曲を聴くことになるのか。今年の作品に限定しなければ100作以上になってしまう気がする。もちろん、レンタルや中古販売を駆使したためである。


以上。
・EXILEのシングル『EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~』が某O社シングルチャートでミリオンを達成したそうだ。が、どんな曲なのか全然分からない。CMやら何やらでかかっているAKBの曲の方がまだ知っている状況だ。


・Twitterとかで「100万枚売れているんだから知らない方がおかしい」と言っている人もいるが、このシングル売上はコンサートチケットに付随するCDも入るそうで、大半がそれによる売上らしい。そりゃ知らないわけだ、コンサートに行く人間に向けて売っているんだから。


・特にシングルにおいて、「売上=知名度」という時代は終わったと言う人もいる。特にアイドルは複数枚購入を推奨している販売方法を行っているところが増えているため、「売上=知名度」に矛盾が生じているとは思っている。単純に「どれだけ枚数を捌いたか」という指標として見た方がいいのかもしれない。


・EXILEの話から始まったのでEXILEの話をする。個人的には『Choo Choo TRAIN』とオカザイルのイメージが物凄く強いグループだ。知っている曲は他にも幾つかはある。『Together』『HERO』『Lovers again』『Ti Amo』『Someday』『Rising Sun(いや、ライジング岡村サンか)』ぐらいだろうか。ここら辺の曲は結構好きだ。


・EXILEはアルバムがそれなりに売れるので、チケットにCDを付けてまで売らなければならないほど金に困ってそうなグループではなさそうなのだが。ましてや、それをチャートに反映させるなんて。それだけシングル売上に拘っているのか? それとも、このご時勢でシングルミリオン突破したぞ、と世間から注目を浴びたいのか。考えれば考えるほどよく分からん。


以上。
不定期だが近況報告をしていこうと思う。
ツイッターのように箇条書きで短く(できればいいんだけど)。


11月が始まってから今日までのことについてなのでとても多いかもしれない。
なので、今回は追記にて報告する。
[11月が始まってから今まで。]の続きを読む