FC2ブログ
開設10周年!(2018/10/4)日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2018/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018/12

・5月2日、『名探偵コナン ゼロの執行人』を劇場で観賞した。TOHOシネマズは水曜日がレディースデイで料金が安くなっていることもあってか、女性の割合が多かったような気がする。真ん中から後ろはほとんど埋まっていたように思えた。


・去年末に行った『ガールズ&パンツァー 最終章・第1話』では需要が凄かったのか劇場パンフを買うことができなかったが、コナンは無事に購入することができた。連休中にでも映画の内容を思い出しながらゆっくりと読みたいと思う。

zero_panhu
(パンフ。安室さん大活躍!)


・前作『から紅の恋歌』では事件捜査の場面でトイレに行ってしまったこともあって、真相解明の時に『?』となってしまったけれど、今回は一度もトイレに立たずに通して観ることができた(だからどうした)。


ざっくりとですが、続きから感想をどうぞ(ネタバレあります)。
[【映画感想】名探偵コナン ゼロの執行人]の続きを読む
・本日、『中二病でも恋がしたい! Take On Me』を観に行ってきた。家の都合など色々とあって、公開初日の初回上映で観てきた。公開初日に観に行ったことはあるけれど、その劇場での初回上映で観た記憶がないのでたぶん今回が初めて。


・最近は平日に観ることが多かったので、入場特典には縁がなかったけれど、公開初日の初回ということで劇場の特典フィルムをもらうことができた。メインヒロインの六花のシーンなので満足である。

chu2koi_tokuten_film_20180106
(もらった特典フィルム。ぼやけた写真ですみません)


・また、本編が始まる前に、今作のヒロイン達(六花、丹生谷、凸守、くみん)の4人によるショートストーリーと観覧時の注意が説明された後、携帯やスマホでの写真OKの時間(静止画が映される)が設けられた。そのシーンで撮影した写真はSNSやブログにアップしてもいいことになっているので、私のスマホで撮影した写真を載せます。

chu2koi_TakeOnMe_picture_OK
(撮影OKの時間のシーン。六花、丹生谷、凸守、くみんの4ショット)


それでは、続きから感想をどうぞ(ネタバレあります)。
[【映画感想】中二病でも恋がしたい! Take On Me]の続きを読む
・ごちうさスペシャルエピソードを観に行ってからおよそ1ヶ月。今日、『ガールズ&パンツァー』の最終章・第1話を観に行った。ガルパンとしては劇場版以来およそ2年ぶりの新作ストーリー。最終章は全6話構成であり、第2話以降の公開日程については未定。上映時間は47分。


・劇場ではグッズはあまり買わないが、パンフレットは買うようにしている。なので、今回もパンフを買おうとしたら既に売切れになっていた。自分の行った劇場だけかと思ってTwitterで検索すると、売切れの劇場は結構あるらしい。


・入場者特典として色紙があるとのことだが、今回も金曜日の昼過ぎの上映回だったためかもらえず。ただ、ごちうさのときとは違って、この時期にもらえる第1弾特典の期間は2週間(12/9~12/22)。2週間分の量を1週間ももたずに終了したことになるけど、パンフが売り切れるほどだからなくなるか、と妙に納得してしまった。



それでは、続きから感想をどうぞ(ネタバレがたくさんあります)。
[【映画感想】ガールズ&パンツァー 最終章・第1話]の続きを読む
・コナン以来半年ぶりの映画鑑賞。今回は『ご注文はうさぎですか??~Dear My Sister~』を観に行った。新作アニメとしては2015年秋クールのTVアニメ第2期以来2年ぶり。上映時間は60分なので、TVアニメに換算すると3話分の長さである。


・金曜日の昼過ぎということもあってか、劇場の半分の席も埋まっていなかった。また、週替わりの入場特典があるけど、それは毎週土曜日から配布スタートなので、特典的には最悪なタイミングであり、自分が観に行ったときには既に配布終了となっていた。



それでは、続きから感想をどうぞ(ネタバレあります)。
[【映画感想】ご注文はうさぎですか??~Dear My Sister~]の続きを読む
・公開がスタートしてから1ヶ月余り、ようやく『名探偵コナン から紅の恋歌』を観た。最近はコーヒーばかり飲んでいてトイレに近くなっており、それを懸念して『君の名は。』『聲の形』『シン・ゴジラ』を観に行かなかったけれど、毎年観ているコナンシリーズだけはきちんと観た。


(以下、作品についての若干のネタバレあり)


・コナンの映画はGWという公開時期もあってか、春や夏の季節の話が多かったけれど、今回は紅くなった楓が舞う秋というのが新鮮。秋になるとよく見かける「そうだ、京都へ行こう」という言葉を思い起こさせるような風景描写が印象的。


・原作でも登場し、テレビアニメに先駆けて登場したキャラクター・大岡紅葉(おおおかもみじ)。劇中で平次が言っているように胸が大きく、それを強調するかのように和葉と大きさを比較する描写があった。現在の紅葉も可愛いけど回想シーンで出てくるロリ紅葉はかなり可愛い。原作でも出てくるキャラなので、コメディタッチながらも本作品だけで出番を終わらせないようにしていたのは良かった。ただ、和葉を「葉っぱちゃん」などと馬鹿にするシーンもあるので、中には本作品を通して紅葉のことを嫌いになってしまう人もいるかもしれない。


・近年の作品の王道である大規模爆発、スケボー無双、ボール&サスペンダー無双、終盤のヒロインのピンチは今作品も健在。ただ、今回は平次と和葉が主役なので、ヒロインのピンチは蘭ではなく和葉と紅葉。しかも、和葉に至っては序盤にもピンチが。そして、平次のバイク無双が加わった。また、『11人目のストライカー』のように、本編が始まってすぐに爆発騒ぎがあるけれど、今作はかなりのクライマックス感があった。


・平次と和葉がメインということもあってか、小五郎のヘッポコ推理や蘭の豪腕描写はない。劇場版としては久々に眠りの小五郎も登場するけど、それは犯人を追い詰めるのではなく、とある人物への揺さぶりのためだったので新鮮ではあるけれどもちょっと残念。あと、舞台が京都と大阪ということもあって、目暮警部や佐藤刑事などの警視庁の警察官は出てこない。ただ、今作では大滝警部や綾小路警部がその立場を担うので、これまでの映画の作品を観てきたシリーズファンには嬉しいサービスも。



・百人一首が絡んでいるけれども、ゴッホのひまわりがメインだった『業火の向日葵』、黒の組織との対決がメインだった『純黒の悪夢』に比べるとサスペンスやミステリーの要素は強く、コナンと平次によって明かされる真相も結構意外なので推理モノとしても十分に楽しめる。ただ、コナンと平次の現場捜査のシーンでトイレに行ってしまったため、眠りの小五郎のシーンでの話の内容があまり理解できなかった。


・今回もメインテーマをいつもの始まり以外にも重要なシーンで流しているけれども、その入り方が初期の作品のように思えた。そして、相変わらず主題歌が良い。『迷宮の十字路』のときも今作も良かったので、これからも平次メインの映画の主題歌は倉木麻衣がいいんじゃないか。


・スケボー無双や爆発などのお約束もあり、殺人事件もあり、先行して登場した大岡紅葉も魅力的。第1期だけだけど『ちはやふる』のアニメを観ていたこともあって、百人一首(競技かるた)がテーマであることも嬉しかった。個人的にはここ数年の中では一番面白い作品だった。


・そして、本編終了後には恒例の次回作製作決定のムービー。上空から観た東京周辺の夜景が映し出され、5秒前からカウントダウン。そして、0になったとき安室透の声で「ゼロ」と入り、光っていた夜景が一気に暗くなる。「0」は公安に関わりがあり、彼の本名・降谷零(ふるやれい)にも関わりがある。どうやら、次回作は安室透や公安が鍵となる作品になりそうだ。


以上。
こんにちは、セカコンです。
2011年も残すところあと3週間となりました。

東京もいよいよ寒さが本格化してきました。
昨日の朝は東京郊外でもみぞれでした。

大学の講義の中で今年を振り返る機会がありましたが、
2011年は本当に忘れられない出来事が多い一年だったと思います。

まあ、そのことについては年末に。
今日はとある映画を観に行きました。


12/3(土)から公開された映画『けいおん!』。


待望の映画化ですね。
制作発表が一年以上前だったのでようやくと言った感じです。

驚いたのは上映時間が110分と長いこと。
そして、観に来た層が意外と子供から大人まで幅広かったですね。

男女比もだいたい、5:5か6:4。
小中学生の女の子同士で来ているのが幅広く人気があるんだと思いました。


少しだけですが、映画の内容の感想を追記にてしましょう。


それでは、続きからどうぞ。
[映画『けいおん!』]の続きを読む
こんばんは、セカコンです。
9月に入って季節も秋に変わりました。

真夏のような猛暑はどこかに去っていき、
晴れる日でも朝晩は「涼しい」と感じられる気候になってきました。

私の好きな季節はそんな秋ですね。
季候もいいですし、また学校生活も慣れている時期なので。

しかし、これからが一番台風の来る時期でもあります。
紀伊半島では過去に見ない被害が出ています。ぜひ、ご注意を。


今日は映画『神様のカルテ』を観に行ってきました。


平日の昼という条件なのか、劇場内にいたのは20人ほどでした。
約400席ある劇場だったので、本当に少なく感じました。

女性の割合が圧倒的に多かったですね。
自分のような男子学生は他にいなかった気がします。

まあ、ゆっくりと落ち着いて観られたという意味では良かったですけど。
時間のある方なら平日に観に行くのがいいのかもしれません。


追記にて軽く感想を書きます。多少ネタバレがあるかも。


それでは、追記にてどうぞ。
[『神様のカルテ』]の続きを読む