日記と音楽感想、アニメ感想を中心に更新しています。リンク&トラックバックなどはフリーです。

2018/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2018/03

このブログでは管理人・桜庭かなめの日記や自作の紹介、
時々、音楽や漫画のことについて感想を書くブログです。

私のことについてはこちらからどうぞ(最終更新:2018/1/4)。

ブログは随時更新しています。基本は月初め+αという感じです。
ほとんどが日記ですが、たまに音楽や漫画のことについても書きます。

リンク、コメント、トラックバックはフリーなので気にせずにどうぞ。
(2013/10/4より、ブログ名が『Temps d'Amour』になりました)

過去にここに乗せていたSS作品はカテゴリからお願いします。
感想などもお待ちしております。


小説家になろうで作品を公開しています。こちらからどうぞ。
カクヨムでも作品を公開しています。こちらからどうぞ。
Twitterやってます(桜庭かなめ)。こちらからどうぞ。


それでは、ごゆっくりお楽しみください。
・2018年2月18日、誕生日を迎えて25歳になった。去年の誕生日記事にも書いたけれど、人によってはアラサーと言う年齢である。昨日まで10年間続いた四捨五入20歳時代は幕を下ろし、今日から10年間四捨五入30歳時代となる。


・10年間のことを思い返すと色々とあったなと思うけれど、この1年間だけに限ると大きなことはあまりなかったなと思う。強いて上げるとすれば、利用するレンタルDVDショップを1つ増やしたことで、観ることのできるアニメ作品が大幅に増えたことくらいか。


・何だかんだで1年経って25歳になることができたので、きっと何だかんだでまた1年経って26歳になるんだと思う。そして、30歳、四捨五入して40歳になるくらいまでは細く長く続けていきたい。


・24歳最後の日(四捨五入して20歳最後の日)、平昌オリンピックフィギュアスケート男子シングルで羽生結弦選手と宇野昌磨選手が金銀を独占し、将棋の藤井聡太五段が羽生善治永世七冠を下し、その後の決勝戦でも勝利して史上最年少の六段に昇段することが決まるなど、記録にも記憶にも残る1日になった。同時に年下の若人が凄いとも思った。


・トリノの頃やバンクーバーの頃はつまらないと思っていたカーリングが、今大会ではやけに面白く感じる。ゆったりと進行するからなのか。それとも、好みが変わってきたのか。


以上。
・今日から2月となり、2018年も早くも1ヶ月が過ぎた。1月は雪が降り、最強寒波の影響で厳寒だったときもあったので、そろそろ寒さから解放されたいけれど、そんな想いは届かず2月は降雪からのスタートとなった。


・2018年冬アニメ。視聴しているのは以下の15作品である(2017年秋から続く『3月のライオン』の第2シーズンを含めると16作品)。

○スロウスタート
○citrus
○三ツ星カラーズ
○25歳の女子高生
○からかい上手の高木さん
○りゅうおうのおしごと!
○ラーメン大好き小泉さん
○だがしかし2
○たくのみ。
○恋は雨上がりのように
○宇宙よりも遠い場所
○ヴァイオレット・エヴァーガーデン
○ゆるキャン△
○刀使ノ巫女
○メルヘン・メドヘン


・1クールで15作品も新たに観ることになるのは久しぶりだ。一番面白いのは『からかい上手の高木さん』で高木さんがお気に入り。『citrus』や『りゅうおうのおしごと!』など、放送前から期待していた作品も軒並み面白く、現状ではとても満足である。


・また、DVDレンタルで観ている作品は『氷菓』、『恋愛ラボ』、『境界の彼方』、『たまこまーけっと』、『乃木坂春香の秘密』、『みなみけ』(第3期)、『這いよれ!ニャル子さんW』、『咲-saki-』(第1期)。たまに、大山ドラえもん時代の映画を観ている。大人になると改めて良さが分かり、特に『創世日記』は初めて面白いと思った。あとは相変わらずコナン。


・1月中に見終わった作品は『れでぃ×ばと!』、『みなみけ』(第2期)、『這いよれ!ニャル子さん』、『会長はメイド様!』、『君は主で俺が執事で』の5作品。『会長はメイド様!』は特に面白かった。ニャル子さんは『ハヤテのごとく!』が好きな影響でパロディ満載なところに懐かしさを覚えた(扱っているネタは放送時期によってか違うけれど)。


以上。
・今日、運転免許証の更新に行った。2度目の更新になる。3年前は初回なので運転免許試験場に行って更新を行なったが、今回は優良運転者(実際はペーパードライバー)なので、近くの警察署で更新することに。備忘録的な意味も込めて記事にする。


・講習の前に更新料と写真料金、そして安全協会の料金を払った。安全協会は免許を取ったときに入会したので払わずに済むかと思いその旨を伝えたら、免許を更新するときは毎回払ってもらうと言われてしまった・・・・・・。まあ、今回限りで協会には入らないと言えば、料金を払わずに済んだのかもしれないけれど。


・写真を撮影し、警察署内で視力検査を受けてから、優良運転者の講習を受けることに。初回更新講習は2時間だったが、今回は優良運転者ということもあって30分で済んだ。DVD15分に教本を使った授業が15分。自分の住む地域が県平均よりも自転車絡みの事故が多いためか、教官の人が自転車についての話ばかりしていた。


・警察署まで徒歩圏内なので、郵送で1000円払うことはせずに直接受け取りに行くことに。来年の4月末で天皇が生前退位され、免許証は西暦で記載はしないとのことなので、訪れることのない『平成35年○月△日まで有効』という免許証を受け取ることになると思われる。手続きを含めて40分ちょっとで終わった。


・免許証のために3年ぶりに写真を撮影したけれど、何だか大人になったというよりは老けたような気がした。今年25歳になるので、今後も優良運転者のままであれば、下1桁が0と5になる年に運転免許の更新をする。5年も経てば何らかの変化(主に老い)があると思うので、5年ごとに老けたなと思うことになるかもしれない。


以上。
Mr.Children『here comes my love』

配信リリース日:2018.1.19


 Mr.Children、7曲目の配信限定シングル。配信限定シングルでは『放たれる』以来およそ3年8ヶ月ぶり。CDシングルを含めると『himawari』以来、半年ぶりとなる。
 フジテレビ系木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』の主題歌。ドラマで楽曲が初解禁となり(CMや新聞でやけにそれを強調していた)、ドラマ放送開始のタイミングで配信限定シングルとしてドラマ放送翌日の午前0時からリリースすることが決まった。
『here comes my love』公式ページ


 静かなピアノの音から始まるので小林武史プロデュース時代の雰囲気に戻ったのかと一瞬思ったけれど、最後まで聴くとしっかりとしたバンドサウンドのロックバラードだった。『himawari』と同様、力強いドラムと間奏でのギターソロが印象的。『himawari』と比べてゆったりとしているので、ドラムの強さがより際立っているように思える。メロディや歌詞は安心安定いつものミスチルという感じ。
 また、『HOME』から『[(an imitation) blood orange]』までの時期のバラード曲をセルフプロデュースしたら、この曲のような感じのサウンドバランスになっていたかもしれないと思った。


印象度:★★★★☆
無理せず頑張れ!


何もトラブルがないことを祈りします。
(雪とか、リスニングの機械故障とか・・・・・・)


大学入学以降は現代文の問題文がどんな感じの内容なのかが(色々な意味で)毎年気になってます。
自分の受けた年では「ゴ・メ・ン・ナ・サ・イ・ネ」というワードが記憶に残っています。


(昨晩、ふと思い出したセンター試験1日目の前日に更新する記事シリーズ)
・本日、『中二病でも恋がしたい! Take On Me』を観に行ってきた。家の都合など色々とあって、公開初日の初回上映で観てきた。公開初日に観に行ったことはあるけれど、その劇場での初回上映で観た記憶がないのでたぶん今回が初めて。


・最近は平日に観ることが多かったので、入場特典には縁がなかったけれど、公開初日の初回ということで劇場の特典フィルムをもらうことができた。メインヒロインの六花のシーンなので満足である。

chu2koi_tokuten_film_20180106
(もらった特典フィルム。ぼやけた写真ですみません)


・また、本編が始まる前に、今作のヒロイン達(六花、丹生谷、凸守、くみん)の4人によるショートストーリーと観覧時の注意が説明された後、携帯やスマホでの写真OKの時間(静止画が映される)が設けられた。そのシーンで撮影した写真はSNSやブログにアップしてもいいことになっているので、私のスマホで撮影した写真を載せます。

chu2koi_TakeOnMe_picture_OK
(撮影OKの時間のシーン。六花、丹生谷、凸守、くみんの4ショット)


それでは、続きから感想をどうぞ(ネタバレあります)。
[【映画感想】中二病でも恋がしたい! Take On Me]の続きを読む